時事ニュース

殺人インフルエンザは予防接種足りない?ネーミングが炎上!

殺人インフルエンザなんてメディアが煽っている今年のインフルエンザ。予防接種は足りないという話が出ていますがなぜでしょう?
確かにオーストラリアでは今年は去年の8倍の死者数で、21万人が感染したということで
猛威をふるっていますが、このセンスのないネーミングは昔からメディアが使うもので
SARSの時も言われました。大人は流せますが子供への影響が…って思ってしまいますよね。
それでは殺人インフルエンザなんてネーミングの詳細をシェアしていきます。

殺人インフルエンザは予防接種足りない?

厚生省は11月の第3週でインフルエンザが8県で流行期に入ったことを発表しています。
自分の周りはまだ、なんて言っている場合じゃないですね。
特に成人いいのかもしれませんが、老人や子供を持つ人であれば
死亡率が高いインフルエンザならば気を付けたほうがいいでしょう。

そしてすでにワクチンが足りない、という医療機関が都内では続出しているとニュースでやっていました。
昨年の使用量は2642万本
今年の製造量は2528万本
ということで、100万本以上も少ないので、遅かったり、医療機関によってはない場合もありますので
小さいお子さんがいるところは早めに予防接種の予約を入れたほうがいいかもしれませんね。

というのも、私も楽観的な方ではありますが、今年はちょっと怖い。
過去最高というわけではなく、2009年なんかも経験していることではありますが
子供や老人の重症化は死に至ることがありますので
子供や老人だけでも予防接種しておきたいところです。
多分成人の自分は大丈夫でしょうけど。

2009年にパンデミックと騒がれたインフルも、ジカ熱も
半年遅れとかで海外から日本に入ってきています。
お子さんいるところは危機感もったほうがいいかも。

殺人インフルエンザ何を気を付ければいい?

まず厚生省がまとめてあるのが以下のリンク。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

堅苦しいので、ニュースで見た情報とミックスしていかにまとめます。
ニュースでは今まで聞いたことのない注意点があったのでそれも見てみてくださいね。

当たり前レベル

・咳、くしゃみなどによる飛沫感染
・電車のつり革
・手洗い・うがい・顔洗い
・外や人込みではマスク
・鼻をかんだティッシュなど注意
・睡眠不足・運動不足で免疫低いの注意
・のど飴でのどの乾燥をふせぐのも〇

初めて聞いたレベル

・使用マスクの表面を触らないように捨てる
・ゴミ箱は蓋をした方がいい
・服は帰ったらリセッシュして寝る部屋ではないところへ
・加湿器
・カテキンの緑茶でうがい
・歯磨きするといい
・ペーパータオルで鼻をかんでもいい
・ガムを噛んで唾液を出すのも〇
・顔を手で触る癖はNG
・豆乳もきく

などなど。
いろいろ工夫したほうがいいでしょう。免疫を下げないくらいにちょうどよく。

ネットの反応

殺人インフルエンザとか頭悪いネーミングやな
製薬会社がインフルエンザワクチンの儲けが少ないから、少なかった去年よりも更に減らしたとか聞いたけど。そうなの?
いま急に出てきたネーミングじゃないよね。2009年前後にテレ朝とか週刊SPAが使ってた
メディアの煽り的なネーミングにイラっ
誰だよ、このネーミングしたの
煽りすぎ
注意喚起は 大切だけど、 名前を変えたほうが いい

出典:twitter

まとめ

こう見ると、多くの人がこの殺人インフルエンザに対して「名前変えて!」と言っていますね。
イラっとした人が多いのが分かります。

メディアの手法で、もうすでに浸透しているという感じがします。
メディアの情報はどうしてもタイトルですべてを想起させるようになっていることが多いので
情報の受け手の我々が中身を読んでしっかる判断していくのが大切でしょう。

とにかく、死亡率の高いインフルエンザで症状的にはいつものインフルエンザと同じです。
やはりなんだかんだ免疫力が大事でしょう。
体力つけて、予防していきましょう。

■関連記事

>>オーストラリアのインフルエンザ2017がヤバイ!?症状と日本上陸は?

関連記事

  1. 羽生善治氏と井山裕太氏の成績比較!素人さんが言う「どっちがすごいの?」…

  2. 1万円札が将来なくなる!?高額紙幣廃止は世界の潮流って本当?

  3. 任天堂「白猫プロジェクト」差し止め訴訟にコロプラは勝てるか?反応まとめ…

  4. 160万使っても景品とれない?クレーンゲーム詐欺事件がおかしい「計算合…

  5. チャットモンチーは解散?するなら理由は?n

  6. サーフィン中の車の鍵どうしてる?こんな便利グッズがあるから茨城で盗まれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP