プロ野球

小野公誠~史上初、初打席・最終打席ホームランを打った「古田の控え」~

プロ初打席ホームランを打った選手、と言えば誰の名前を思い浮かべますか?

2018年5月7日現在、プロ初打席にホームランを打った選手は日本プロ野球でなんと「61人」もいるのです。(参考:Wikipedia, 初打席本塁打

この中には高木守道さん、駒田徳広さん、稲葉篤紀さんといった野球殿堂入りした選手もいれば
細かすぎて伝わらないモノマネで有名になったイースラーさんもいます。

しかし、プロ野球史上ただ1人だけプロ初打席と最終打席ホームラン」を達成した無名の選手がいるのです。

彼が現役10年間で放ったホームラン数はわずか16本

そのうちの2本がプロ野球史で唯一の記録を作ったのです。

その選手の名前は「小野公誠」(2018年現在ヤクルトフロント)。
ヤクルトスワローズに1996年に入団したキャッチャーでした。

控えに甘んじてきたプロ野球人生

埼玉県の聖望学園高校から宮城県の名門、東北福祉大学に進学した小野選手。
高校時代のライバルには、後に同じヤクルトに入団する城石憲之選手がいました。

大学時代には高校時代からバッテリーを組んでいた1年先輩の「門倉健投手」とともに活躍し
1996年度ドラフト会議で、ヤクルトスワローズからドラフト4位指名されました。
ストレートに強く、バッティングとスローイングに優れたキャッチャーとして評価されたのです。

しかし、この年のドラフトは後に「小笠原道大」「高橋信二」「和田一浩」「礒部公一」「清水将海」など
強打のキャッチャーが多く指名されるドラフトとなりました。
また、当時各球団には「谷繁元信」「中村武志」「中嶋聡」「伊東勤」などといった正捕手がおり、キャッチャーは非常に競争の激しい時代でした。

そして何より、小野選手が入団したヤクルトには、90年台最高のキャッチャー「古田敦也」という不動の選手がいたのです。

現役時代の古田選手の動画はコチラ

「キャッチャーのレギュラーを奪うには日本一難しい球団」
当時のヤクルトはそう言われていました。

そしてその言葉どおり、古田選手に勝てなかった小野選手は「古田の控え」としてベンチ入りすることになるのでした。

初打席ホームラン

プロ入り2年目、1997年7月20日、神宮球場での巨人戦に小野選手はプロ初打席に立ちました。

三澤興一選手に対するプロ初打席、そこでなんとホームランを放ち、当時プロ野球史上36人目の初打席ホームランを記録しました。
これはプロ初打席、初安打、初本塁打、初打点という珍しい記録を打ち立てました。

多くの人が順中満帆なスタートと言えるでしょう。

しかし、その後2年間は全て二軍暮らし。

ただ、その後は持病の腰痛ヘルニアに悩ませながらも「古田の控え」としてベンチを支え、ムードメーカーとしても活躍しました。

最終打席ホームラン

迎えた現役10年目、ついに2008年に小野選手は現役引退を表明します。

同時に引退を表明した2008年10月12日の横浜ベイスターズ戦、小野選手の代打出場が決まりました。

試合は進み、3-3の同点で迎えた8回裏。バッターは代打小野公誠。

最終打席、初球をフルスイング。その目には既に熱いものが溢れていました。

そして運命の2球目をフルスイング。

これがレフトフェンスを超え、代打ソロホームランとなりました。

これが小野選手の最終打席のホームランとなり、そのままゲームセット、そのまま試合は終了し球界史上初の「プロ初打席と最終打席ホームラン」を達成した選手となりました。

最終打席の貴重な生実況はコチラ

「公誠コールがライトスタンド!届いている、小野公誠の耳に!そしてその声を背に!」
これほどの熱い実況、感動の名場面はなかなかないでしょう。

よく見ると、ホームインした際に「飯田哲也コーチ(当時)」が抱擁のさなか号泣していますね。

飯田コーチは現役時代チームメイトでしたので、感極まっていたのでしょう。

記録の二文字だけでは済まない”足跡”

現在、小野選手はヤクルトスワローズのフロント入りし、裏から球団を支えています。

「プロ初打席と最終打席ホームラン」決して大記録ではないかもしれません。

しかしそれは間違いなく唯一無二の記録であり、小野選手の大きな大きな足跡です。

小野選手は引退会見でこう言って、ファンに別れを告げました。

「ホームランで始まり、ホームランで終わった野球人生は宝物です」

私は10年経った今でも、小野選手の最後の打席を忘れられません。

小野選手の引退セレモニー挨拶はコチラ

The following two tabs change content below.
野球歴はゼロなのに、野球観戦歴は20年の田中・ハンカチ世代。 プロ、アマ問わず野球に関することなら何でも調べるデータ厨です。 「野球経験者よりも面白い野球話」が出来るよう心がけてます。

関連記事

  1. 【速報・動画あり】筒香選手、5月初ホームラン

  2. 盗塁成功率驚異の100%!!神里和毅選手の意外な社会人野球時代

  3. 清宮のためにセがDH制度導入?ネットは炎上気味!

  4. 中村晃と松田宣浩の関係は?仲がいいの?

  5. 2018年の巨人が絶不調?その不調の原因は?

  6. 埼玉西武ライオンズ・源田壮亮プロデュースのお弁当「#箸止まらん」その中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP