未分類

隠れインフルエンザとは?どんな症状で、なぜ判定が難しい?

この冬、隠れインフルエンザが話題を呼んでいます。隠れインフルエンザとは何で、
どんな症状がでるのかさらになぜインフルエンザと判定するのがむつかしいかを調べてみました。

隠れインフルエンザとは?どんな症状で、なぜ判定が難しい?

本当はインフルエンザにかかっているのに、高熱が出ず、喉や体の節々が痛み、
ゾクゾク寒気がするというインフルエンザ特有の症状がでないか、
または検査でインフルエンザであるという判定が出ない状態のことを隠れインフルエンザと呼んでいます。

隠れインフルエンザの症状とは

高齢者は、一般にお若者に比べて、免疫反応が弱いため、免疫反応によって生じる高熱が出にくい傾向にあります。

また、38℃を超える高熱、ものを飲み込むのが困難なほどの、のどの痛み、
関節痛、筋肉痛などインフルエンザ特有の激しい症状を引き起こすA型インフルエンザに比べて、
B型インフルエンザは、発熱などの症状が軽く、下痢やお腹の痛みを訴える人が多いなどお腹の風邪の症状に近いため
素人にはただちにインフルエンザと、判断できないことがあります。

次に検査の問題があります。

検査の問題とは

どのような検査でも100%の信頼性を得ることは困難で、インフルエンザ迅速検査(抗原抗体反応を用いて、A型、B型インフルエンザを同時に判定)においても、
最大手の試薬メーカーが昨年発表した最新のキットでも91.7%が陽性と判定されるとしています。
各メーカーの違いや、各病院での取扱の差で実際には、この値はさらに下がると思われます。

さらに発症から12時間以内ですと抗原となる抗原を持つウイルスの量が少ないため、抗体と十分反応せず、正しい反応が出ないというタイミングの問題があります。
最後は、その地区での流行の程度などを加味して、医師に総合的に判断してもらうしかないようです。
ネットの皆さんの体験を見てみましょう。

ネットの皆さんの症状は

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

B型のインフルエンザであったり、検査タイミングが早すぎたりと、皆さんのケースも様々なようです。

まとめ

インフルエンザ対策には、ワクチン(但しA型は方をどんどん変えるため、絶対とは言えない)、手洗い、マスクなどですが、
うがいについては、インフルエンザには有効でないという考えが、最近は主流のようです。
もちろん対策の前提として、十分な睡眠と食事により体力を保持していることがあります。

自分がかからないことはもちろん、まわりにうつすことなく、この冬を乗り切りたいものです。

■関連記事
リステリア菌の日本の事例と症状を調べてみた!なぜ南アや豪州で集団感染が?

隠れインフルのチェック項目一覧はこれ!

関連記事

  1. 【2018年FA一覧あり】FA権の取得条件をもう一度おさらい

  2. 2018年、ズバリ、巨人の今年の順位をネットの意見も交えて予想!!

  3. 井上尚弥の入場曲一覧とその理由は?

  4. 坂本花織の海外の反応まとめ「荒川静香を思い出す」「まだバレエ訓練が必要…

  5. あきっぱ駐車場アプリが評判も上々!イベント時に使わない手はない!

  6. 平野歩夢の五輪史上初技連続ダブルコーク動画!海外の反応「ショーンより上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP