日記

黙祷を捧げる意味とは?わかりやすく子どもに伝えるならば

黙祷を捧げる意味とはどういったものなのでしょうか?
子どもはどうしてもその意味に疑問を持つことが多く、そんな時分かりやすく説明してあげるためにはどう言えばいいのか困ってしまいます。
学校で黙祷についてきちんと習うということはありませんからね。
そこで今回は、黙祷を捧げる意味を分かりやすくまとめてみたいと思います!

黙祷を捧げる意味とは?分かりやすく言うと何?

黙祷を捧げる本来の意味とは何なのでしょうか?
災害の犠牲者に向けて黙祷を捧げる光景などがまれに放送されることがありますが、子どもにはその意味が少し理解しづらいようです。

黙祷を捧げる意味を分かりやすく言うと、何かに対して(主に亡くなった人や神様など)祈りを捧げるということです。
亡くなった先祖や被災者、信仰する神との会話の手段として黙祷が用いられ、自分の近況を報告したり、追悼の気持ちを伝えたりするのです。

日本では亡くなった人に対して黙祷を捧げるというのが最も多く見られるかと思います。
東日本大震災の後は特に黙祷する姿がよく見られるようになりました。

海外では宗教によって神に祈りを捧げる際に黙祷が行われることも多いです。
黙祷はさまざまな宗教のタブーに引っ掛からないということも黙祷がよく用いられる理由のようです。

少しややこしくなってしまったかもしれませんが、子どもたちに黙祷を捧げる意味を説明する際は、「亡くなった人や神様に自分の気持ちを伝えるためにするんだよ」と教えてあげると分かりやすく説明できるかと思います

黙祷のやり方

黙祷のやり方、というのも意外と正しい方法を知らない人も多いかと思います。

黙祷にはきちんとした決まりや作法というものはありませんが、一般的に黙祷は1分間行われます。
必ず1分間というわけではないですが、式典などでの黙祷が一般的に1分間であることから、黙祷は基本的に1分間行うものとして定着しました。

そして、やり方としては、動かず、声を出さずに黙って祈ります
黙祷をする時、目を閉じる人が多いですが、必ず目を閉じる必要はありません
黙祷は文字通り黙ってするものなので、目が開いているか閉じているかは問題ではないのです。
また、手を合わせるのも必須ではありません

目を閉じると集中しやすいため閉じる人が多いのでしょうし、日本は仏教が一般的なため手を合わせる人が多いですが、本来の黙祷は宗教に関係なく祈りを捧げるものなので、声を出さずに動かず祈れば他は自由なのです。

そうした自由さが黙祷が宗教や国籍を問わず行えるメリットと言えるでしょう。

黙祷に対するネットの反応は?

黙祷は義務じゃない。大切なのは気持ち
今日は震災の日だから黙祷しなきゃ
なんて東日本大震災の日だけ黙祷するんだろうね。他の災害は?
お祈りの方法は人それぞれで気持ちが大切
黙祷の時電車も止まった
黙祷するたび何年前の今頃は…て思い出す
黙祷した。もうあれから7年も経つのか
日本で黙祷が浸透したのは関東大震災からだね

出典:twitter

黙祷に対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

黙祷を捧げる意味ややり方を分かりやすくまとめてみました。
意外と知らない意味ややり方を再確認できた人も多かったのではないでしょうか?
亡くなった人に黙祷するのは大切なことですし、子どもたちにもその意味を知ってほしいですね。

関連記事

  1. 東方神起チャンミンの脇が話題な理由とライブがすごい件

  2. 膝痛にアボカドが効くって本当?たけしの家庭の医学で話題に!

  3. カラーラ冷凍食品使える?評判まとめ「カラッと仕上がる」「対応してへん」…

  4. 羽生善治vs藤井聡太の対戦成績と対局予想まとめ!

  5. 初詣は高校生だけだと補導される?何時からなら大丈夫?

  6. はじめの一歩引退したのになぜ終わらない?炎上止まらず

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP