未分類

2018年甲子園!話題の超新星達を一挙紹介!

今回お送りするのは、皆さんが期待する今年の若きスーパーヒーロー達です。
去年は中村将成が、アドゥワが、輝きを放ちましたよね。
そこで2018年注目の選手達を紹介していこうと思います。
ではまずはバッターからどうぞ!!―――。

注目バッター部門

まずは歴代最強クラスの今年の聖光学院の中軸を担う、最強の三人。
3番の矢吹、4番の須田、5番の五味です。
この何が凄いのかというと、もともと超攻撃特化の聖光学院において、3人だけで7打点を挙げたり、
番すごい時には3番の矢吹と5番の五味だけで15塁打を叩き出したりもするという点でしょう。
全員共に気が強く、内角だろうがケガを恐れないで全力のフルスイングで打ち負かす。
まさに鬼神の如き打力です。

また、花咲徳栄の野村佑希も逸材です。
185センチ87キロから繰り出される豪快なスイングはプロを唸らせる本物。
また9回2死から逆転ホームランを打ったこともある強心臓の持ち主で、自身も投手であることから配球なんかも狙い打ち出来る実力を備えています。

大阪桐蔭の中川卓也は1年からのレギュラーです。
また、そのバッティングの神髄は広角打法。
右へ左へと巧みに打ち分けれるバットコントロールはプロ注目です。

注目投手部門

中央学院の大谷巧海。大谷という名の繋がりではないですが、彼もまた二刀流です。
しかも右投げ左打ちとその部分もエンゼルスの彼と一緒です。
最速145キロのストレートに、4番として打っては高校通算20本以上。
ですが大谷翔平と比べてはいけません。彼が異次元過ぎるのです。
それでもこのステータスは非常に高い位置にいる選手であることを現しています。

松商学園の直江大輔は142キロの直球に5つの多彩な変化球。そこにプラスして緩急をも操る魔術師。
選択肢の多さからキレのある変化球による奪三振はプロ注目です。

某テレビ番組で何度も取材を受けた横浜高校の万波中正は、やはり大注目。
大谷、清宮に次ぐ、次代のスーパースター要素を多く持ってます。
2年生ながら5番を担う二刀流。最速は146キロでバッティングは柵越え連発。
目標選手がMLBのマーリンズ:スタントンとしていることからスイングもかなり近い豪快さとパワーです。

大阪桐蔭の柿木蓮は頭一つ抜けています。
それを足らしめる理由が、圧倒的な回転数です。同じ140キロ台のストレートでも体感5キロ増しに感じる物凄く伸びのあるストレートは、どうにもバッターはお手上げ。
得意のスライダーも磨き抜かれた一級品です。

今年の選手はとても血気盛んな攻撃的な1発のパワーヒッターというよりも、長打を連発するアベレージヒッターの方が多い、そんな気がしました。
また優勝候補は大阪桐蔭と、例年の下馬評は変わらぬ様子。しかし高校野球は一つ一つにドラマがあり、9回2死で奇跡が起こります。
今年はどんな感動が生まれるのか、今から気が気でなりません。



ネットの声

ネットの声では万波、そして大阪桐蔭についての話題が最も多いようです。

「赤星が取材していたのを思い出した、万波は飛距離がヤバい」20代男性
「万波はホームランバッターの思考をしているらしい。だから強いと」20代男性
「大阪桐蔭、今年はよろしくお願いします」20代女性

まとめ

いかがでしたでしょうか。
2018年甲子園のニューヒーロー。まだまだ話題の選手はいますが、今回取り上げる選手は以上の通りです。
また甲子園という大舞台で覚醒する球児も居ます。
それが過去の中村将成だったり、今井達也だったり。それは誰がなるかは未知数です。
今年の熱き戦いも注目していきましょう!!!
では次回でまたお会いしましょう。御読了ありがとうございました。

関連記事

  1. インドネシア高速鉄道の2017年10月最新情報!来年初めに工事開始は本…

  2. 朝青龍のツイッターが面白いし貴乃花親方への苦言も興味深し

  3. インフルエンザワクチンが不足!解消時期はいつなの?埼玉の状況を見てみた…

  4. 前田健太はなぜ先発ローテから外れた?2017年成績と評価まとめ

  5. 藤浪晋太郎の抱える死球問題は深刻?ネットの声を集めてみた!

  6. 成田山の節分2018のゲストまとめ!「錦戸君あり得る?」「一度は行った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP