未分類

坂本花織のアメリは衣装も振り付けも独特で必見!反応まとめ

全日本選手権で総合2位となり、平昌オリンピック代表を勝ち取った坂本花織のFSでのプログラム使用曲
アメリの衣装や振り付けが独特と話題を呼んでます。

坂本花織のアメリは衣装も振り付けも独特で必見!

平昌オリンピックの代表選考がかかった全日本選手権ではSPで自己ベストとなる73.59をマークFSでもノーミスで演技を終え総合2位とし、平昌オリンピック代表を勝ち取った坂本花織のFSでのプログラム使用曲アメリの衣装も振り付けも話題を呼んでいます。

アメリはフランス映画「アメリ」から取られたこの曲で、ネットでは、「アメリ」という映画を見たくなるという声が多数です。

では、映画「アメリ」のストーリーを見てみましょう(Wikipedia参照)。

映画「アメリ」とは

アメリは、幼いころから父と母にあまり構ってもらえず、孤独の中で、想像力は豊かだが、コミュニケーションがうまくとれない不器用な少女として成長しました。
しかしそんなアメリも、22歳で実家を出て、ある出来事をきっかけに、人を幸せにすることに喜びを見出すようになりました。
そしてついにアメリにも、ニノというストレートに向きあえる男性があらわれました。

この映画では、アメリの着ている鮮やかな赤のカーディガンに目を引き付けられます。
今回、以前の緑色より赤色に衣装を変えたのは、よりストーリーに近く、
また坂本花織を引き立てるのにぴったりとなっているように見えます。

この独特な振付はどこから生まれたのでしょう?

振付はどこから

ストーリー性を感じる振付を行ったのは、フランス人の振付師のブノワ・リショー氏です。
彼の振付に対する独特の考えは、「かっちりと決め込まずに動きのなかに余白を持たせることで、
フィギュアスケートをより現代的な方向へプッシュしていける」というものだそうです。

彼が世界ジュニアで坂本花織のスピードとジャンプを見たとき、滑りの質が素晴らしいと感じ、
モダンなコンセプト、モダンな音楽で振付けであれば、うまく機能し、ハマるスケーターだと思ったそうです。

そしてそれにぴったり合った曲が、「アメリ」で、少女から大人の女性へと成長していく映画「アメリ」のストーリーも、
17歳で今季大きな飛躍を遂げた坂本花織にぴったりのように思えます。

次に坂本花織の演技を見たネットの反応を見てみましょう。

坂本花織の演技に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ぜひ、映画アメリを見たいという声が多数です。

まとめ

衣装、振付ともぴったりはまった坂本花織が、この勢いのまま、
平昌オリンピックでのびのび演技してくれることを期待しています。

■関連記事

坂本花織の海外の反応まとめ「荒川静香を思い出す」「まだバレエ訓練が必要」

関連記事

  1. めちゃイケ終了なぜ?後釜の心配と最近の視聴率

  2. 神戸製鋼所のデータ改ざんの納入先一覧次々拡大!なぜ発覚?

  3. オリンピック種目に向けて変化する空手、寸止めとフルコンタクトとは。

  4. シーサケットvsエストラーダ戦予想まとめ!

  5. 日本バスケットボール界の新世代・田中力に迫る!!

  6. 安室奈美恵のライブはテレビで見る方法ある?NHK特集絶賛の声もまとめて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP