時事ニュース

文春やりすぎで嫌いすぎると炎上!小室哲哉でついに矛先が変わる!

芸能人や政治家の不倫疑惑を次々と暴いて売り上げを伸ばしていた週刊文春の<文春砲>が又しても炸裂し、小室哲哉氏を引退に追い込むことになりました。
しかし、今回ばかりはこれまでと矛先が変わり、文春はやりすぎだと炎上しています。

文春やりすぎで嫌いすぎると炎上!小室哲哉でついに矛先が変わる!

まず、ネットのこの事件についての反応を見てみましょう。

小室哲哉の不倫報道に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

文春への批判が圧倒的で、特に介護の問題に触れているコメントが多いように見えます。。

次に文春砲の最近の不倫疑惑記事を見てみましょう。

文春の最近の不倫疑惑記事

芸能人、アナウンサー、政治家などの有名人がターゲットにされています。
その結果のほとんどは、完全に不倫を否定して、潔白を貫くことができた人はほとんどなく、
政治家の場合は辞職や離党、芸能人や音楽関係者の場合はドラマの出演辞退やCMなどの契約解除に追い込まれています。

では、今回のミュージシャン、音楽プロデューサー小室哲哉氏の場合は従来と何が違っていたのでしょうか?

1. 突如の音楽活動からの引退という想定外の事態に文春が追い込んだ。
2.   小室哲哉氏は、今回の事態を招いた理由の1つとして長年、妻の介護をする中での自身の精神の疲労を挙げたが、
配偶者の介護を一人で担うことの大変さを大衆が共感していた。
3. さらに、C型肝炎や左耳の突発性難聴といった病を患って左耳がほとんど聞こえなくなり、
自身の創作能力の限界を感じていたことを理由として挙げた点に同情した。
4.長年の音楽活動により、その才能を認める熱烈なファンが多く存在した。

結局、才能ある音楽プロデューサーが、大変な介護と自身の病気と闘いながら、何とか頑張ってきたのに、
そこでのわずかな心の隙で生じたことを大きく取り上げて、その才能を発揮出来る場を永久に奪ってしまったということになります。

まとめ

今回の文春の報道が公衆の利益になることなのか、単に、自社の利益追求にすぎないのではというのが、その主張ですが、
今の世の中で、それぞれが悩んでいる介護の問題と絡んだことが、炎上を大きくした一つの要因ではないかと思えます。

不買運動の呼び掛けもあるようですが、こんなことに力を入れて報道していれば、
結局大衆から見放されてしまうということを認識させるのが一番の薬となるでしょう。

■関連記事

関連記事

  1. 平昌(ピョンチャン)五輪ボイコット米国もありうる?開催危機ニュースが増…

  2. るろうに剣心作者書類送検での海外の反応「サノスケのタトゥー入れたが今痛…

  3. インフルエンザワクチンが不足!解消時期はいつなの?埼玉の状況を見てみた…

  4. インドネシア高速鉄道の2017年10月最新情報!来年初めに工事開始は本…

  5. 1万円札が将来なくなる!?高額紙幣廃止は世界の潮流って本当?

  6. 筋トレでがん予防の理由とグルタミン摂取のタイミングは?

コメント

    • 吉田英夫
    • 2018年 1月 26日

    文春も新潮も人生を棒に振るような報道が多すぎる。もう少し考えてみて下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP