未分類

大谷翔平 MLB初黒星を喫する!ネットは賛否両論!?

エンゼルスの大谷翔平選手は17日(日本時間18日)、レッドソックス戦に本拠地で先発登板しましたが、2回3失点で降板し、チームも1-10で破れたため、初黒星を喫しました。大谷選手にとってこれがMLBキャリア初の黒星となりました。

16日に先発予定の試合が中止となり、メジャー初のスライド登板に挑んだ大谷でしたが、初回から速球・変化球ともに制球に苦しみます。
1回表の先頭打者ベッツへの7球目を本塁打とされ、制球に苦しみながらも1回を1失点に抑えます。
2回も悪い流れを断ち切りたいところですが、抜け玉が多く、カウントを取りにいったボールを打ち返されたり、四球を2度出すなどして全2回66球を投げきり4安打3失点で降板しました。
その後もエンゼルス打線は沈黙する一方、レッドソックス打線は15安打10得点と打線が爆発。
結果1-10でエンゼルスは破れました。

これに対するネットの意見を簡単にまとめてみました。

降板理由は右手のマメの影響と球団発表
大谷マメの影響だったのか。それじゃ仕方ないね。
ハム時代にも何回か途中降板あったからなぁ
@RedSox gave Ohtani his first lost.(レッドソックスが大谷に最初の負けを付けた)
#Ohtani is in trouble. He’s lost command of his pitches only 2 innings in.(大谷がトラブってる。たった2イニングでコントロールを乱したからね。)
Ohtani lol! Welcome to the AL East! Thanks for going to Anaheim. Japanese pitchers are all hype(大谷笑!ア・リーグ西地区へようこそ!アナハイムに行ってくれてありがとう。日本のピッチャーはみんな評判が盛られてるね。)

日本国内では前向きな意見がほとんどでしたが、アメリカでは批判的な意見も出ているようです。
マメのため先発回避は日本ハムファイターズ時代でもよくありましたが、その分打者として活躍していましたので期待しましょう!

関連記事

大谷翔平とイチローの直接対決は5月5日!?戦力外通告は?大谷の調子は?

関連記事

  1. 松坂大輔オープン戦2018から今季復活の可能性は?反応まとめ「5勝くら…

  2. ネリ体重超過に炎上!グローブがウイニングってどう違うの?

  3. 【バスケ】身長を伸ばすための鉄則を大公開!

  4. ダルビッシュ有の成績のメジャー版を田中将大等と比較してみた結果

  5. 虹色デイズ主演佐野玲於の読み方とキャスティングの感想まとめ!「ヒロイン…

  6. 衝撃のガン発表!!藤川孝幸氏の経歴の解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP