MLB

ダルビッシュ有のワールドシリーズを動画で振り返る炎上と海外の反応

ダルビッシュ有選手、今期最後の二度とないかもしれない大舞台、3勝3敗ワールドシリーズ最終戦先発は
よい結果で締めくくることは出来ませんでした。
いや、日本でこんなに叩かれるとは思いませんでした…。ちょっとそこまで言わなくとも…と、いつかのサッカー日本代表の負けの時の
炎上を思い出しました。
海外の反応と今回の最終戦の動画から振り返りをしていきましょう。

ダルビッシュ有のワールドシリーズを動画

今回のワールドシリーズ最終戦、MBLの公式動画すごい数アップロードしていますね。すべてを見れないくらい。

しかし、中でも以下のMBLの公式動画が非常にポイント押さえていますね。
ダルビッシュ選手と連携の一塁さばきのミスが痛かったことや、痛恨のホームランを打たれたときのコースや表情
そして、ついでにグリエルが打席でダルビッシュに謝罪している場面も載っています。

動画を見ても分かるようにアストロズに初回から崩されましたね。
元々、別記事でも立ち上がりが重要だという話をしていましたが
田中選手もダルビッシュも、立ち上がりからしばらくして安定してくるというところがあります。(多くの選手がそうかも)
なので、相手チームも立ち上がりを狙う、という言葉はよく聞きますね。
今回もアストロズは立ち上がりから狙っていたでしょう。

ダルビッシュ選手は、基本ピンチに強いということで具体的なデータもあったのですが、
今回ワールドシリーズでは結果、3回1/3で9失点と、2つの負けをドジャースにもたらしたことになります。
結果的に、炎上し、日本のコメント見ても「カーショウを先発させればよかった」(中2日で難しいが)「責任は重い」「投球の組み立てに工夫が足りない。前回の負けと同じパターン」「スライダーは見抜かれてんだからカットボールとかを多用すべきだった」等、
いや言いすぎだ、と思うようなコメントが多かったです。
こういう時ついつい上から目線になってしまいますね…。100%ダルビッシュ選手の方が実力が上なのに。

ダルビッシュ選手も相当悔しかったと思いますが、ツイッターでしっかりと思いを伝えています。

どちらも、今回を糧に来季やる、という内容です。ツイートへのコメント数がすごい。ここはファンも多いので擁護もたくさんあります。

海外の反応も炎上?

炎上しているのは日本だけではなく海外もでしょうか?
見てみましょう。

ダルビッシュはレンジャーズの呪いを運んできたな!
くそ~ダルビッシュめ
ダルビッシュはグリエルを出場停止にするために圧力をかけるべきだったな
もううんざりだ!(chocker)
くそーダルビッシュ。彼はプレッシャー下で投げることは出来ない
なぜ第3戦でダメだったダルビッシュの代わりにウッドを投げさせなかったのか
ダルビッシュをレンジャーズに戻してください
カーショウ、ウッド、そしてkobe bryantではなくなぜダルビッシュを入れたのですか?それが今回落とした原因じゃないか
ダルビッシュをもっと早くに引くべきだった。最初からあまりよくなかったよ
もしダルビッシュを先発にするにしても、かれを1回でひっこめるべきだったよ

出典:https://youtu.be/bnDkb0kphho
出典:https://youtu.be/7fdww4Op5-0

とても厳しい言葉が多かったです。
やはりこのへんは日本のコメント欄と変わらなかったですが、いろんな要素がありますので
ダルビッシュについてのコメントだけでなくいろんなコメントがあり、そのほんの一部となります。

まとめ

ダルビッシュ選手、昔「世界中の誰もがNo1はダルビッシュだと言ってもらえるようになりたい」とヒーローインタビューか何かで
言っていました。
今回残念ながらそれを証明できませんでしたが、次回是非頑張って欲しいです。

今年31歳ですが、野茂選手なんかは32歳33歳くらいで一度成績は復活しています。(関連記事参考に)
こういう舞台を経験できただけでもすごいことですので
これを機に、飛躍して欲しいです。

にしてもツイッターすごい返信していますね。

■関連記事

ダルビッシュ有の成績のメジャー版を田中将大等と比較してみた結果

ダルビッシュ有の特徴やアメリカの反応をまとめてみた

関連記事

  1. 大谷翔平が活躍できる理由

  2. 西武牧田和久のサブマリンはメジャーで通用するか?ヤクルト高津臣吾と比較…

  3. イチローは死球が少ない打者なの?好打者ジーターらと比較してみた!

  4. 大谷翔平のエンゼルスでの背番号17はいったいなぜなのか?過去の選手から…

  5. 大谷翔平はなぜエンゼルスに決まったのか?不利予想覆した3つの要因とは?…

  6. ダルビッシュ有の特徴やアメリカの反応をまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP