未分類

サッカー日本代表。 本田、長谷部ら続々と代表引退宣言。まさかの香川も…?

悔し涙で終わった日本のロシアW杯。
しかし終わったのはW杯だけではない。

主力選手が続々と引退宣言をした。

過去を振り返れば、2006年ドイツ大会終了後には中田英寿。
2010年南アフリカ大会終了後には中村俊輔が。
2014年ブラジル大会終了後には内田篤斗が代表引退を表明している。

それぞれが特別な覚悟を持って挑むW杯。
そして今大会終了後も、本田圭介、長谷部誠、酒井高徳らが代表引退表明をした。
香川真司も…「4年後カタール大会は…分からない」と語っている。

ベテラン選手の引退で今後の代表は

W杯が終われば引退を表明する選手がでる。
これは昔からのサッカー界のお決まりになっている。

確かにどんな世界でも「世代交代」というのは必要だ。
しかし、長年キャプテンを務めてきた長谷部。
日本の10番を背負ってきた香川。
チームの危機を何度も救ってきた本田。
左も右も対応できる酒井豪徳。

このベテラン陣がいなくなった日本代表を想像できるだろうか。
そしてベテランがいなくなった後の若手選手達。
この穴を埋める事ができるか。

30歳を過ぎれば引退時期と言われているサッカーの世界。
ピークを迎えた本田らは若手に期待を込めるという発言を残している。

長谷部誠

約8年間日本代表のキャプテンを務めてきた長谷部。
吉田麻也は長谷部の引退について問われた際、堪えきれず涙を流した。

常に冷静でチームをまとめてきた長谷部。
世界からは、「まるでキャプテン翼のようだ」と賞賛される選手。

どんな時でもチームを1番に考え時には頑固にサッカーに向き合ってきた長谷部。
W杯でも3大会連続でキャプテンを務めた。
チームがピンチの時も長谷部が選手に声をかけ、落ち着くよう促す姿勢。
誰が次のキャプテンになっても、この長谷部を超えられるキャプテンは出てくるのか。

印象に残るのは2010年南アフリカ大会、日本は決勝トーナメントに進出するも
パラグアイにPK戦の末ベスト16に終わった。
試合終了後のインタビューで、「日本のJリーグ、なでしこ、すべてのサッカーに目を向けてもらいたい」
と語った。
悔しい中、日本のサッカー界について言及したのだ。

PK戦でも、外した仲間を迎えにいく姿など、常に「キャプテン」でいた長谷部。
キャプテンが去るということは、一つの区切りでもある。

長谷部誠は、チームのために全力で駆け抜けたキャプテンだった。

酒井高徳

2010年に代表デビューをはたした酒井。
しかし、裏では激しいポジション争いに苦しめられていた。

同じポジションの酒井宏樹、続々と現れる若手にポジションを奪われるなど
そういった背景が「4年後のカタール大会は目指さない」という発言につながった。

酒井も反対サイドの長友同様、攻撃の際にはオーバーラップするなど
攻守にわたって貢献してきた選手だ。

ブンデスリーガー、シュトゥットガルト時代では、地元紙に
「酒井はドイツ代表に選出すべきだ」と大絶賛されるプレーをみせた。

そんな貴重なサイドバックを一人失った日本代表。
酒井は常に闘争心むき出しで試合に挑んできた。
それゆえに、何度も相手選手と睨み合いになるシーンもあった。

今大会はグループステージ第3戦、ポーランド戦のみしか出場機会がなかった。
やはり試合に出れなければ、自分は必要ないと思ってしまうものなのか。

酒井高徳にとっても、くやしいロシア大会となり、最後のW杯となった。

ネットの意見

まとめ

次々に代表引退を表明するベテラン選手達。
その裏にはそれぞれの覚悟や重圧、悔しさがある。
それでも彼らが我々に勇気と感動をもたらしてくれたのは事実だ。

彼らの活躍は、日本のサッカーの歴史に名を残すだろう。

本田、香川については別に個々の記事にしたいと思う。

関連記事

  1. 【速報】広島の鉄人、衣笠祥雄氏早すぎる死去。それに対するネットの反応は…

  2. 時津風一門から元寺尾の錣山親方など三親方離脱へ!2月の理事選どうなる?…

  3. 安倍首相平昌オリンピック出席に韓国の反応は?

  4. 緒方敦の母親は?画像あり 息子は北の国からの純そっくり?

  5. 五輪ペアカーリング混合ダブルスの決勝リーグ進出できるのは?藤澤・山口組…

  6. 盗塁成功率驚異の100%!!神里和毅選手の意外な社会人野球時代

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP