未分類

外国人実習生の時給と実態がガイアの夜明けで報道された会社が大炎上!

12月13日、外国人実習生の時給と実態ガイアの夜明けで報道された会社が大炎上しています。
かなりショッキングな内容で私自身も「これ本当に日本出来事?」と疑ってしまいました。
本当に奴隷扱いみたいなことが日本であるなんて、という状態です。
平和のようで私たちの知らないところでいろいろなことがあるんだな、と勉強になりましたのでシェア。

外国人実習生の時給と実態がガイアの夜明けで報道される

外国人実習生問題とは、けっこう根が深い問題のようですね…。
個人的には、アルバイトで外国人を雇ったことがありますが、実習生ではなかったので時給は日本人と同じでしたが
良いところは、非常に素直で一生懸命。向上心があるので。
悪いところは、やはり日本語が100%伝わらないので、自分の判断でやってしまうところがあって、仕事がうまく回らなくて教える側はストレスが最初は強かった、というのを思い出します。

「実習生」というのは、何も知らないで、そしてやる気があるので、
確かに、悪用したら本当に好きなようにやれるので怖いですね。

ガイアの夜明けで報道されていたことを簡単にまとめると以下のようになります。

・あるファッションブランドの孫請けの岐阜県の縫製工場の実態(もうブランドは特定されてしまっている)
・実習生をほぼ休みなく時給400円で長時間労働させる
・さらに1人600万円以上にものぼる賃金や残業代が未払い
・未払いを請求すると、倒産したといい、実際は他の場所で違う名で開業している
「未払い賃金立替制度」の典型的な悪用で、倒産したらこれが出来てしまう
・労働組合が弁護士を追及すると弁護士は悪びれずに「だってやれるんだもん。法律が認めているんだから」と言ったことに視聴者愕然
・そこで、親会社を組合が追及。過酷な実態の手紙を合わせて送ったが
・親会社「法的義務のないことについて、取材には応じられません」
・実際に、親会社には労務関係もないし、法的要求を受ける立場も義務もないが道義的にどうか?と大炎上

このような実態になっています。
中には親会社が故意に孫会社にやらしているようだ、という声もありました。

会社は、番組内では触れられていませんでいしたが、服が一部見えてしまって特定されて大炎上しています。
ここでも公開は出来ませんが、芸能人も出ているかなり有名なブランドで女子なら知っているところです。

ネットの炎上

ガイアの夜明けで報道され、ネットは大炎上。知っているブランドだけにショックも大きかったようです。

ガイヤの夜明け、拝見しました。「無関係、もう結構です!」という対応は道徳的におかしいと思いますが、どうお考えですか?
ほぉーこれが時給400円の外国人実習生に作らせた服か。随分高くなるんだな
彼女のプレゼントに買おうかと思ったがこれはいけない
法律的に正しいからと言ってると、不買運動に発展するよ
何しろ対応に驚いた。ブランドが地に落ちるんでは
直訴に来た実習生に誠実性のかけらもない態度は立派ですね
モラルなんて不要ですね!
買う気が完全にうせました
人権を軽視するような企業は淘汰されるべき
どうせブランド名変えて同じことするのでは
せっかくテレビ東京に弁解のチャンスを頂いたのに見事な逆張りには驚くばかり
初期対応が違えばまったく違う結果になる好例
まさか日本でこんなことがあるとは

出典:twitter
出典:https://goo.gl/uMdTwB

まとめ

上記反応は、公式ツイッターの最新ツイートに対する返信です。
多くの人が報道内容に怒っていたようですね。

親会社が知らなかったことも考えられるわけです。
しかし、あの対応を見ると、親会社は知っていたのでは?と思ってしまいますし、
普通にクレーム対応として変だと思ってしまいます。

普通の会社でしたら、クレーム対応の基本であんなことはしませんので
そのへんの基本からおかしいなと感じました。

もし、親会社が知らなくて訴えに対する対応をきちんとしていれば
逆にブランドイメージは向上したでしょう。
起用している芸能人も被害者になってしまいます。

これは久しぶりに日本での残念な事例であります。
今後この会社はどうなってしまうのでしょうか…。

関連記事

  1. アイボリッシュの真っ黒フレンチトーストは何が入っている?評判まとめ

  2. 平野歩夢とショーンホワイトどっちが強い!?反応まとめ

  3. 盗塁成功率驚異の100%!!神里和毅選手の意外な社会人野球時代

  4. 将来のツバメの大砲『廣岡大志』登録抹消…【フライハイつぼやき】

  5. ハリルホジッチの最新コメントが炎上!「監督交代すべき」「やる気あるのか…

  6. 本田まりあさんの教育法は?最年少気象予報士から学べ!n

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP