未分類

平野美宇はワールドカップ2017で中国勢を撃破できるか?放送予定と視聴方法はこれ!n

卓球女子ワールドカップ2017が10月28日~30日の日程で行われます。
平野美宇選手をはじめ非常に注目される大会です。放送予定、視聴方法を紹介していきます。

昨年中国選手の出場がなかったこの大会で、優勝し、その後、アジア選手権で、3名の中国選手を打ち破り
世界にショックを与えた平野美宇が中国勢を撃破できるかが注目されています。

平野美宇はワールドカップ2017放送予定と視聴方法

中国スーパーリーグで日本選手(海外選手も)排除という、平野ショックを与えしめた平野美宇選手。
まだ高校生で今後の活躍を1番期待できる卓球女子で東京五輪の星であります。

今回のワールドカップ2017の放送予定、視聴方法は以下の通りです。

卓球女子ワールドカップ2017の放送予定

<テレビ東京>放映
10月29日(日)14時:女子準々決勝ほか
※放送時間、内容は試合状況により変更となる場合あります。
<LIVE配信>決勝トーナメント全試合
10月28日(土)23:00:1回戦
10月29日(日)8:00:準々決勝
10月29日(日)27:00:準決勝
10月30日(月)8:00:3位決定戦・決勝

昨年10月米国フィラデルフィアで行われたこの大会で、中国勢以外で初、
大会史上最年少となる16歳での優勝を飾った平野美宇に期待がかかっています。

彼女はこの大会の後、飛躍的な進歩を遂げ、2017年1月全日本選手権一般の部女子シングルスでは、
3連覇中の石川佳純を4-2で下し史上最年少の16歳9か月での優勝を飾り、
2017年4月第23回アジア選手権で、ランク1丁寧,2朱雨玲,5位の陳夢中国選手を次々と下して世界に特に中国に平野ショックを与える優勝を成し遂げた。

6月の第54回世界卓球選手権シングルスにおいて準決勝でアジア選手権以来の再戦となった
丁寧に1-4で敗れるも、日本女子として48年ぶりの女子シングルスのメダルとなる銅メダルを獲得した。

この平野ショックに卓球王国中国はさっそく対策を練ったようです。

卓球女子ワールドカップ2017視聴方法

視聴方法はひとつに絞られるようです。
テレビ東京卓球チャンネルで全試合LIVE配信、と宣伝しています。

なので、以下のリンクの中に視聴動画が当日出るはずです。
https://www.youtube.com/channel/UCVG4KpQRpA99jZk2hHZT9-Q

残念ながら、BSジャパンや、スポナビライブではやらないようです。

中国女子の平野美宇対策

1. 平野と同タイプの自国選手に平野のプレーを模倣させ、4人のコピー選手を作り上げているという。
この4人のコピー選手を相手に、中国のトップ選手たちは平野対策を練っている。

2.  今月10月には、卓球の世界最高峰、中国スーパーリーグから、日本選手が締め出すこおとぉ決定した。
これにより、今季参戦予定だった平野美宇と石川佳純が世界最高峰リーグでプレーするチャンスが消滅した。
これも、昨年このリーグに初参戦した平野が世界トップの中国選手を破るまでに急成長したためではないかと言われている。

既に中国は1の対策で、5月世界選手権で、丁寧 (中国)が平野美宇に4-1で勝利、
6月ジャパンオープンで、準々決勝で、陳夢 (中国) が平野美宇に4-0で勝利するなど、
短期間で、平野攻略に着々と成果を上げています。

出場選手と世界ランク

今回中国勢は、世界ランク1位の丁寧と3位陳夢は出場しませんが、2位の朱雨玲、4位で2015年大会で優勝した劉詩ブンが出場し、打倒平野美宇に燃えていると思われます。
特に22歳と若く、2015のアジア選手権で優勝し、連覇をかけた今年のアジア選手権で平野に敗れている朱雨玲が雪辱に燃えていると思われます。

まとめ

今大会丁寧は出場しません。平野美宇対策を練り上げている朱雨玲と劉詩ブンに平野美宇はどう戦うのか注目されます。

平野美宇の一層の進歩に期待したいと思います。もちろん日本の第一人者石川佳純にも中国勢を撃破してもらえれば、
日本卓球界の中国アレルギーは完全に払しょくされると思われます。

■関連記事

関連記事

  1. カーリング混合ダブルスとは?ルールを分かりやすくまとめてみた!

  2. 松坂大輔が年俸2000万円で台湾球界入りを模索!なぜ?n

  3. 貴乃花落選で炎上!ツイッターがすごいことになり閉鎖に!

  4. 朝青龍vsボブサップ1000万円対決どっちが勝つ?予想まとめ!

  5. ダルビッシュ有の海外の反応が最高潮!カブスが絶賛!動画あり

  6. 広島カープの開幕戦テレビ放送予定は?ネット中継でも見れる時代!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP