未分類

引っ越しで捨てるものどうしてる?「寄付が一番」「メルカリのアッテで綺麗に」

春は卒業や就職など新しい門出のシーズンです。そして、引っ越しのシーズンでもありますね。
このとき何を捨てて、何を持って行くかという問題に直面します。皆さんはどうしているでしょう?

引っ越しで捨てるものどうしてる?「寄付が一番」「メルカリのアッテで綺麗に」

新しい家に引っ越しする時は、これから始まる新しい生活にワクワクするものです。
そして、引っ越しは楽しいだけではなく、今までの自分の荷物との格闘でもあります。
いわゆる「断捨離」ですね。

必要な物とそうでない物をしっかり見極めてスッキリさせて新しい生活をスタートさせたいです。

引っ越しは捨てるものを捨てる絶好のチャンスとなります。

引っ越しは捨てるものを捨てるチャンス!

引っ越しを一度でもした事がある方はわかると思いますが、やっぱり荷物は少ないにこしたことはないです。
引っ越し業者に頼むのであれば、荷物の量が少なければ料金を下げる事がでしますし、ご自身で引っ越しをされるなら尚更荷物が少ない方が楽です。

さて、引っ越しで捨てるもの・・・。
まず、家(部屋)には何があるでしょうか。

冷蔵庫や洗濯機、テレビ、ベッドやタンスなどの大きい物。
洋服や靴、バッグなど、特に女性は多く持っている人も多いのでは。
本や漫画なども結構重くてかさばります。
雑貨や趣味のものなども、案外多いんです。

こういった中で、一体何を捨てるのか。
当然、使わないものは捨てます。また新しく買い替える予定のものがあるなら、古いものは捨てます。
洋服などは、使うかもと思って置いていても2,3年使わなかったものなんかは思い切って捨てたいところです。

さて、引っ越しで捨てるものはどうすればいいのでしょう。
ネットで見てみると情報が色々ありました。

捨てるものはどうする?


業者さんによっては粗大ごみとして回収請け負ってくれるところもあるよ。有料だけど。 引っ越し屋さんに聞いてごらん?
引っ越しで出た不用品をメルカリのアッテで綺麗にしました。 本来なら粗大ゴミの費用とかがかかるのに、お金もらえて家の中整理することができるのでおすすめです。
マンションのゴミ捨て場に粗大ゴミとか色々捨てられてた…引っ越しする人なのか知らないけどマナー悪すぎだな…
[/speech_bubble]
清掃リサイクル課です。引っ越しの多い3月は、粗大ごみの申し込みが集中します。
洋服を断捨離するには寄付が一番いいかも!無駄にならないし
[/speech_bubble]
洋服、食器、バック、おもちゃ等を フィリピンに2箱、送りました(^O^)
捨てられない不用品はまず売る、つぎにもらってもらう、最後に捨ててます。

出典:Twitter

引っ越し業者に頼んだら別料金かかるけど処分してくれるんですね。
粗大ごみを捨てる場合は、住んでる地域の役所で回収もやっているので、電話で聞いてみてもいいですね。

もしくは、使えるものはネットで売るという手段もあります。処分はお金がかかる場合がありますが、売れればプラスになりますのでいいですね。
他には、寄付という形で必要な場所で使ってもらえるなら、社会貢献にもなります。

引っ越し買取サービスなるものも

引っ越し業者が不用品を有料で処分してくれるというのは、ネットの情報にもありましたが、実は、不用品を買い取りしてくれるサービスがあるようなんです!
それってめちゃめちゃラッキーですよね!?

下記サイトでも買い取りをやってくれるということで最近かなり宣伝していますね。
http://www.008008.jp/life/buy_detail/

http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/kaitori/

まとめ

ただでさえ引っ越しってお金がかかるものです。
今までの引っ越しでは捨ててきた不用品を、実は売ることができていたら・・・

しかも、別でフリマサイトや持ち込みで売りにいくのではなく、引っ越しと同時に売ることができるなんて驚きです。。
引っ越しだけではなく、買い取りも全て引っ越し業者がやってくれるなんて、本当に嬉しいサービスですね。
知っていればお得な情報ですので、引っ越しの際にはぜひ参考にしてみてください。

■関連記事

関連記事

  1. フランス代表、3大会ぶりの決勝戦進出!準決勝は果たして事実上の決勝戦に…

  2. 比嘉大吾の次戦の相手は誰?日本記録更新なるか!?

  3. 宇野昌磨と羽生結弦がつけてるネックレスについて値段やメーカーを調べてみ…

  4. ラモスの解説が日韓戦で炎上!「言いたいこと言ってくれてる」「不愉快!」…

  5. ロードレイジって呼称がかっこいいからやめた方がいい!と炎上する理由

  6. 宮原知子の点数がおかしいの声!海外の反応まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP