未分類

松坂大輔オープン戦2018から今季復活の可能性は?反応まとめ「5勝くらいは」「もう少し頑張って」

ソフトバンクを戦力外となり、現役続行を目指して、96%減契約の年俸1500万円で中日と契約した松坂大輔。
オープン戦 2018の成績から見ての復活なるか?を見ました。

松坂大輔オープン戦2018から今季復活の可能性は?

大リーグから年俸4億円の契約で、ソフトバンクに復帰した3年間の成績は以下のようなものでした。
2015年 登板なし
2016年 0勝0敗 防御率18.00
2017年 登板なし
1試合の登板のみで、1球3077万円とまで言われました。

2017年シーズン開幕前にも、「怪物、ひと味違う 松坂大輔投手」と3年目の今年こそはと期待されていました。

それは2017年オフのウインターリーグで0勝3敗ながら、防御率2.70を記録し、さらにオープン戦で、
7回ノーヒット無失点の成績を上げていたためです。
しかし、この直後に右肩の違和感で離脱、その後復帰することはありませんでした(Wikipedia参照)。

では、今年はどうでしょう。
2月の韓国・ハンファでの登板を含めた今年のオープン戦の実績は以下です。

オープン戦の成績

楽天戦では、123キロのスライダーを投げて、アマダーに2ランを浴びました。
投球回数が増えると、四死球が増えるなど不安材料は相変わらずありますが、直球の球速は安定しているように見えます。
3年間で、球速は最速147キロであり、昨年2月は136キロ程度と言われていましたが、
今年は、3試合で、144キロ前後をコンスタントに出しており、比較的安定しています。

その他、昨年とは違うポジティブな点を挙げてみます。

今年復活が期待できる理由

1. 年俸4億のプレッシャーがなくなった。
2. 松坂の獲得を働きかけた中日森繁和監督が右肩に配慮し、開幕にこだわらせない、1カ月に1度の登板で十分など「特別枠」での先発構想を唱えている。
3.監督や球団が観客動員とか、お客さんの目を引きつけられる。若手の選手の顔の色が変わってくる
可能性もあるなど、松坂の投球以外の効果を期待してくれている。
4.現役にこだわり、引退も囁かれるなかでつかんだ最後のチャンスと松坂本人が自覚している。

次に、今年の松坂投手に期待するネットの反応を見てみましょう。

松坂投手に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

以前の活躍は伝説と化しているようなコメントもありますが、これまでと違って、今季は期待や応援が大きそうです。

まとめ

3月25日に予定されているオープン戦最後の登板でのロッテ戦、
開幕後4月5日の巨人戦での成績が今季の松坂の出来を決定つけると思われます。

せめて1度は、松坂復活を見たいというのが、幾度となく裏切られてきた多くのファンの願いではないでしょうか。

■関連記事
松坂大輔が給料泥棒と批判されても引退しない理由は?妻、子、金、いったい何?

関連記事

  1. はじめの一歩引退したのになぜ終わらない?炎上止まらず

  2. インドネシア高速鉄道の2017年10月最新情報!来年初めに工事開始は本…

  3. 山中慎介vsネリの再戦の予想まとめ!「リベンジに期待!」「山中かなり厳…

  4. 皆が知らないイチローの名言集とその真意

  5. 塩化銅の毒性人体の影響は?草加市流出事故は大丈夫?

  6. 内田篤人は復帰後の鹿島アントラーズで活躍できる?予想の声まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP