プロ野球

イチローはいつ引退するの?本人は50歳まで現役をやる覚悟!?

イチローの引退はいつになるのか

2018年の3月7日。
マリナーズに電撃復帰したイチロー。

メジャー18年目の今シーズンは、2017年の代打中心の起用ではなく、レフトとDHを中心に出場する機会が多いです。
44歳という年齢を感じさせないプレーは、我々、ファンの心を熱くします。

そんなイチロー選手に衝撃的なニュースが入ってきました。

マリナーズの地元紙、タコマ・ニューズ・トリビューン(電子版)は15日(日本時間16日)、ジェリー・ディポトGMがイチロー外野手(44)に対して戦力外通告という厳しい決断を迫られる可能性について報じた。

引用 東スポウェブ(2018年4月17日付)より引用

2017年に代打のメジャーの代打記録まで後1本まで迫ったイチローですら、厳しい現状です。

今年で45歳になるため、そのまま引退する可能性すらあります。
毎回話題になるイチローの引退時期。

今回は、イチローの引退時期について、ネットと球界の意見を交えながら予想していきます。

イチロー引退についてネットの意見

ツイッターの意見をまとめました

メジャーで引退するべき
今年、メジャーのオファーがなくなったら引退すべきだ
今年で引退したらどうだろう?
大谷と入れ替わるという形で引退したほうがドラマティックだと思う。
日本プロ野球に復帰した後でも遅くはない。
伝説的なプレイヤーだし、本人がきめていいのでは?
山本昌も50歳までやったのだから、50までやるべきだ

 

 

このニュースに対し、日本球界復帰を望む声は少数派でした。

イチロー引退に対する日本球界の意見

日本球界の関係者の意見をまとめました。

河村健一郎氏(イチローの恩師)

「 もういいんじゃないか(2012年)
張本勲氏 (日本球界初の3000本安打)
「日本球界には戻ってほしくない (2017年)」
オリックス宮内オーナー
「(イチローの日本復帰について)それはずっと思っていること。長年思っている(2018年)」
オリックス福良監督
『動きを見ていたら全然できる(2018年)』

オリックスの関係者は復帰を望む一方で、引退勧告を突きつける方もいます。
イチローが来年シーズンに国内復帰を望めば、今年での引退は避けられそうです。

引退に関してイチロー本人はどうなんだ?

昨年まで所属したマーリンズの地元紙 「マイアミ・ヘラルド」によると。

「イチローは引退を推測できない、『ただ息絶えるだけ』」と特集を組んでいます。

ここで、イチロー本人が引退時期について言及しています。

「この話をする時は、ジョークで言っているわけではありません(50歳引退説について」
「 自分が思うに、僕はただ息絶えるだけですね( いつ引退の日は訪れるのか?)」

この記事によると、50歳まで現役を続行する覚悟があるとコメントをしています。

イチロー引退に対する筆者の予想

独立リーグに移籍してでも、50歳まで現役続行

今シーズン中の引退の可能性は低いです。
今シーズンにメジャーを戦力外になったとしても、現段階でオリックスから国内復帰のオファーを受けています。

また、50歳引退説に対し、「ジョークを言ってるわけでありません」という本人のコメントもあります。

「イチローは50歳以降で引退する。日本球界が無理でも、独立リーグで現役を続行する可能性が高い」

と予想します。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、イチローの引退時期について「ネットと日本球界の意見」と本人のコメントを交えながら、予想をしました。

・ネットではメジャー引退を望む声が多い
・国内では、オリックスが獲得表明
・本人は50歳まで現役続行とコメント済み
・今年、引退する可能性は低い。

数々の伝説を残してきたイチロー選手。
引退するときも、伝説を残す可能性が高いでしょう。

だからこそ、1プロ野球ファンとして、少しでも長く現役を続けてほしいです。
プロ野球選手として、息絶えるその日まで、元気を続けてほしい。
「彼が息絶える瞬間を、お疲れ様という声援で見送りたい」

そんな願いを込めて、この記事を書いています。
いつまでも現役であり続けてくれたら嬉しいです。

それでは。

関連記事

  1. ジャイアンツのネット中継を見る方法!絶対見るべき3つの魅力とは

  2. カープファン中村奨成の入団後の背番号を予想!その理由は?

  3. 藤浪晋太郎の成績不振に4つの説!どれがもっとも確からしいか?

  4. ロサリオ阪神での評価がブレブレ!反応まとめ「気長に使ってあげて」「シー…

  5. 藤浪晋太郎の死球の数は意外と普通?CS先発の期待の反応まとめ

  6. 沢村賞の賞金金額とその反応をまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP