未分類

巨大小惑星の衝突回避は無理!科学者がNASA計画に警告!

巨大小惑星「ベンヌ」が、2135年9月25日に地球に衝突の可能性とNASAが警告し
、衝突回避策を発表したが、科学者は無理だと警告している。その理由と反応をまとめました。

巨大小惑星の衝突回避は無理!科学者がNASA計画に警告!

117年後の2135年9月25日に、地球に衝突する可能性のある巨大小惑星「ベンヌ」をNASAの計画では、
止めることはできないと科学者は警告しています(msnニュース2018/3/16参照)。

<巨大小惑星「ベンヌ」とは?>
直径500メートルを超す、サッカー場5つと同じくらいの大きさで、重量は約790億キロと、タイタニック号の1664倍の重さです。

<衝突の可能性は?>
現時点で2135年9月25日に2700分の1の確率で、地球に衝突する可能性があります。
この確率は、軌道に関するより多くのデータを収集すると、この確率は変化します。
地球に衝突すると、広島原爆のエネルギーの8万倍のエネルギー、1200メガトンのエネルギーを放出すると見積もられています
(米国が現在配備している核弾道ミサイル群に匹敵する)。

ベンヌの軌道を変えさせるNASAの計画とは?

NASAのベンヌの軌道を変えさせることによる衝突回避の計画

1. 宇宙船「HAMMER」(長さ9m、重さ8.8トン)をベンヌに突っ込ませる
宇宙船HAMMERは小惑星群を地球から逸らして核爆弾で破壊することならできる。
しかし、1機のHAMMERを巨大なベンヌに単に打ち込んでも、軌道を変えさせる可能性は小さいと科学者は結論付けている。
すなわち、HAMMER1機では効果が期待できない。

さらに、地球から遠い場所で打ち込む方が、軌道を変えさせるエネルギーは小さくて済むと考えられるので、
遠い位置で実行するとして、計画から到達実行までに最低7.4年かかると見積もられている。

2. 核爆発を利用して軌道をずらす方法(例えばHAMMERに核爆弾を搭載)
地球が放射性の岩の破片で覆われる可能性があり、好ましくない。

以上のように、2135年に地球に衝突する可能性のある巨大な小惑星ベンヌをNASAの計画では止めることはできないと科学者は警告しています。

次にNASA発表の巨大小惑星が衝突についてのネットの反応を見てみましょう。

巨大小惑星が衝突に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

素直に恐怖を感じて驚いているコメントは少なく、117年後など、
ひ孫の時代かなど別世界のこととあきらめているのもあります。
NASAが今発表することに、NASAの戦略を感じるコメントも。

まとめ

117年後と雖も、軌道を変えるのは、遅くなれば、なるほど大きなエネルギーが必要となるわけで、
計画から実行まで、74年もかかるなら、本当はおちおちしている場合ではありません。

しかし、軌道計算がさらに進めば、確率が上がるのか下がるのか、HAMMER1機で不十分とすれば、
いつどんな方法をとるのがベストなのか、現状では、実感がわかないというのが本当のところです。

特に、北朝鮮核問題が眼の前にある昨今では、とてもそれどころではないというのが、日本国民の実感でしょうか?

■関連記事

関連記事

  1. 本田真凛の海外の反応!人気は国内だけではないがメディアの持ち上げに違和…

  2. ダルビッシュ有の特徴やアメリカの反応をまとめてみた

  3. 大谷の所属したエンゼルス、現役スター選手達を一挙紹介!

  4. 宇野昌磨と羽生結弦の実力比較!平昌オリンピックの金メダリストはどっち?…

  5. ロードレイジって呼称がかっこいいからやめた方がいい!と炎上する理由

  6. 【速報】楽天ドラフト1位の近藤弘樹選手、まさかの途中降板?その理由は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP