未分類

日馬富士引退は妥当か?事故の前回から相撲協会の体質が問われるn

貴ノ岩への暴行事件により引退を表明した日馬富士ですが、引退は妥当なのでしょうか?
事件の背景がよく分かっていない中、逃げるように引退したようにも、メディアの圧力にもよるようにも見えますが、
一番問題視されているのは相撲協会のモラルです。
前回の死亡事故から相撲協会の体質は変わっていないのか、事件を振り返りつつまとめていきます。

日馬富士引退は妥当か?

日馬富士は29日午前、日本相撲協会に引退届を提出し、引退を表明しました。会見も29日に行われました。

秋巡業中の10月25日に鳥取市内で行われた宴会の席で暴行が行われ、その後貴ノ岩が入院、暴行疑惑が発覚し、報道されました。
この暴行に対する証言が錯綜していて、貴ノ岩の態度に問題があったとか、日馬富士が酒に酔い暴行を行ったとか、
暴行内容の証言が十人十色と事実がよく分からない状態です。

同席していた力士たちの証言には日馬富士をかばうものも多く、相撲協会が事実を隠蔽しようとしている可能性も指摘されています。
事実確認をせず、あれこれあることないこと騒ぎ立てるメディアにも問題があるかもしれません。
結局日馬富士は逃げるように引退を表明してしまいました。

相撲協会の体質は変わってない?前回の死亡事故を振り返る

再び起こってしまった相撲界の暴行事件ですが、前回の死亡事故から相撲協会の体質は変わっていないのでしょうか?
前回の暴行事件は2007年、時津風部屋で新弟子として入門した17歳の少年に対して行われたものでした。
「かわいがり」と称し、15代時津風と兄弟子3人によって暴行が行われ、少年は心肺停止状態となり、搬送先の病院で約1時間後に死亡。
不審死を疑った警察が調査した結果、暴行の事実が判明し有罪判決となりました。

この死亡事故によって相撲界の体質が厳しく問われたものの、今回またそれを想起させるような、事件が起こってしまいました。(怪我が本当のところどの程度かも疑問ではありますが…)
指導と称し暴行を行ってはいけないという教育が相撲協会から徹底されていないためにこうした事故がなくならないのではないでしょうか?

真相が分からず、隠蔽しているのはいったい誰なのでしょうか?
それともメディアのただの暴走なのでしょうか?

日馬富士引退に対するネットの反応まとめ

何が真実かわからないままの引退はかえって不信感に繋がる
こういう場合は勝手に引退させないであくまでも処分で決定してほしい
除名がふさわしいと思うけど
解雇じゃないの?
暴行してけがまで負わせた加害者をかばう組織…
角界の問題は想像以上に根深い
嫌な終わり方
これで問題が解決したわけじゃない
引退じゃなくて処分では?
逃げるように引退っておかしくない?
会見見てると、相撲協会の今の状況に対応できていない組織力とモラルの低さを感じる。
貴乃花を批判させるというのは、モラルの限界を超えてると思う
世間からズレておりモラルがおかしい

出典:https://goo.gl/VsaZ8U

日馬富士引退へのネットの反応をまとめてみました。

まとめ

事件の経緯がよく分からない状態で逃げるように引退してしまった日馬富士。
このまま真相が明らかにならないまま事件は闇の中となってしまうのでしょうか?
暴行がいけないことだと教育を徹底せず、事件を隠蔽しようとする相撲協会の体質にも問題があります。
この事件は相撲界全体の問題なのではないでしょうか。

■関連記事

>>日馬富士引退後はどうなる?朝青龍等過去の事例と実は準備周到だった件

>>日馬富士は優しいの?キレやすいの?どっち

関連記事

  1. ステファン・カリーの魅せる世界

  2. 成田山の節分2018のゲストまとめ!「錦戸君あり得る?」「一度は行った…

  3. 隠れインフルエンザとは?どんな症状で、なぜ判定が難しい?

  4. 森本裕介の筋肉トレーニングはどんな感じ?プロフが面白い!

  5. 今年絶好調のDeNAが単独首位に!!

  6. 衝撃のガン発表!!藤川孝幸氏の経歴の解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP