日記

Facebookオワコン化が加速!個人情報流出事件のヤバさを分かりやすく解説!

個人情報流出によりFacebookオワコン化がさらに加速しています!
今までもいろいろ事件はありましたが、今回は本当にヤバイかもしれません。
今回は、Facebookオワコン化や個人情報流出事件のヤバさを分かりやすく解説していきたいと思います!

Facebookオワコン化が加速している

一時期はSNSで最も利用されていたであろうFacebookですが、最近はオワコン化が加速してきています。
なぜここに来てさらにオワコン化が加速しているのかというと、Facebookがまた個人情報流出問題を起こしてしまったからです。

2016年にアメリカ大統領選が行われ、トランプ大統領が当選したことは記憶に新しいかと思います。
実はその際に、5000万人の個人情報が不正流出し、トランプ氏の選挙戦における広告戦略に利用されてしまっていたのです。

具体的にどのように利用されたかというと、それぞれのユーザー向けに最適化された政治的広告を表示し、投票に対して影響を与えたということです。
広告だけではそんなに変わらないんじゃ?と思いがちですが、少なからず影響を与えたことは事実ですし、その後流出した個人情報がどうなったかは解明されていません

この事件に世界中からFacebookに対して避難が殺到し、オワコン化が加速してしまっているのです。
今までもさまざまな問題を起こしてきたFacebookでしたが、今回は本当にヤバイ状態で、株価も大幅に下落してしまっています。

また、ネットでは「#DeleteFacebook」(Facebookを削除せよ)というFacebook削除運動もじわじわと流行してきていて、今後Facebookのユーザーは減り続けていくのではないかと見られています。

個人情報流出事件のヤバさを分かりやすく解説

今回のFacebookの個人情報流出事件ですが、その重大さがいまいちわかりにくいという人もいるかと思いますので、事件のヤバさを分かりやすく解説してみたいと思います。

そもそもFacebookは、実名で登録し利用している人が多いですよね。
リアルの友人と交流したり、プライベートの写真を投稿したりすることが多いかと思います。
友達限定の設定にすることで安心して個人情報を登録、投稿していますよね。

そして、今回の事件ではそうした個人情報が流出してしまったのです。
それにより本来なら人目につくことのない情報も出回ってしまい、その情報を利用して詐欺などの犯罪に巻き込まれたり、女性の場合住所を特定されてストーカー行為をされたりする可能性があります。

いずれも犯罪に巻き込まれる可能性があるので油断は禁物です。
SNSの利用をやめるほどではないとはいえ、不用意に個人情報を投稿するのは控えた方がいいかもしれません。

Facebookは今回の事件で信用を失いかけていて、ユーザーが減少しているだけでなく、Facebookへの広告の掲載を一時的に取りやめる企業も出てきているようです。
今後個人情報が流出しやすいFacebookのようなSNSサービスは縮小していくかもしれません。

ネットの反応は?

やっぱりFacebookは信用できない
Facebookは自分から個人情報を流出させるところ
自分で責任を持って管理しないとだめだね
Facebook退会した
LINEも危ないんじゃ
他のSNSの評価も下がりそう
不必要な個人情報を登録しなければいいだけの話だと思うけど
危険だなとは思ってた
重要な個人情報は載せないのが一番
Facebookって個人情報流出したの?全然知らなかった

出典:twitter

Facebook個人情報流出に対するネットの反応をまとめてみました。
早速Facebookを削除している人も見られますね。

まとめ

Facebookのオワコン化加速についてまとめてみました。
個人情報流出事件によってFacebook削除の動きも広まってきているみたいです。
SNSはもはや私たちの生活になくてはならないものとなっていますので全く利用しないというのは難しいかと思いますが、不用意に個人情報を投稿することは今後控えた方が無難かもしれませんね。

関連記事

  1. ウィルソンキプサングの練習に強さの秘密はある?シューズも気になる!

  2. 恵方巻添加物のない簡単レシピ!巻きすなしでもOK!n

  3. 神奈川大学駅伝メンバー鈴木健吾の潜在能力がヤバイ!n

  4. 12月13日ピークの流星群の方角とおすすめの観測方法!

  5. 星野仙一の名言10選!いかにも「らしさ」を象徴するものを集めました

  6. 小林シェフのカルボナーラレシピをメモ!今度嫁さんに作ってあげよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP