未分類

田中力がNBAで目指す場所

  • NBA

前回に引き続きお読みいただきありがとうございます。
今回は田中力特集の第二弾ということで、田中力の目指すべき場所について迫っていこうかと思います。
皆さんがあっと驚くような内容なんかもあるかもしれません。

ということで、さっそく今回のテーマに沿って進んでいきましょう。

将来はNBAでプレーがしたい

15歳を迎えた次代のエース・田中力は力強く言いました。
男子バスケットボール日本代表候補に史上最年少で選出された田中力は、今まで誰も成し得たことのないNBAでの活躍、スター選手になりたい意向を示したのです。
しかしこれまでにNBAの舞台に立った日本人は衝撃の事実ですが、たったの二人だけ

一人はダラス・マーベリックスと契約した富樫勇樹、もう一人は名門フェニックス・サンズと契約をした田臥勇太です。
ですが共に2人は1年も所属することなく契約を解雇されています。それは結果もそうですが、日本人という体格差のネックを弾き返すことが出来ない部分にありました。
また共通点も多く、アジアでは無敵と言われた2人のポジションが同じ司令塔のPG(ポイントガード)。身長も富樫が167センチ、田臥が173センチと200センチが当たり前の環境では子供と大人レベルのビハインドがあり、共にその点に苦しまされました。
期待の星と呼ばれた逸材達でさえ、また日本では圧倒的スキルと評価を受けた2人でさえ、バスケットボール界最高峰の門は固かったのです。

以上の事実を元に、NBAで活躍したという日本人選手は未だ現れていません。
体格差が大きい分、野球のように海を渡り成績を出すことは容易でないことが窺えますね。

田中力とNBAでの可能性


それでは最大の結論とも言える、NBAでの活躍が出来るのかどうか
その部分に迫っていきましょう。

まず前述した2人との大きな違いで、かつストロングポイントを挙げて見ます。

身長差は20~30センチ以上(まだ伸びるという面も加味して)。
プレーは決して綺麗とは言えないながらも、インサイドへ切り込んだ時の勝負強さと決定力が武器。
ざっくりと挙げるならこの2つでしょうか。

一方で田中力が自身も語るウィークポイントは、フィジカルの弱さ(体の当たり弱さ)とパスの視野が狭い点です。
この2つの内、パスの視野はスコアラー(点取り屋)としては最重要点とは言えませんが、当然行く手を阻まれた時に自らの所で詰まっては戦犯もの。
多少のパスセンスも無ければ、センターでない限り苦しいでしょう。
ですがそれ以上に今後の成長を左右するのが、フィジカルの弱さです。

今の現状で決定力があるというのは考えられるケースとして、日本人が相手だからギリギリ体格で勝っているというくらいでしょう。
恵まれた体格だから日本では活躍出来ている。そう本人は思っているのです。
故に、NBAはおろかアメリカのバスケ環境で生き抜く為には、フィジカル面の克服が必要不可欠になってくるのです。
上述の課題を克服し乗り越えた時、NBAへの道が切り拓けるのではないでしょうか。

ネットの声に眠るバスケットボールの本質

メンタル的な部分は申し分なく、スキルは十分日本人離れしている田中力。
バスケットボールの世界で大成する者は皆セルフィッシュ(自己中心的)と言われることから、多少強引な攻めをする者達の事を差します。
その点に置いては日本で賛否両論あり、協調性に欠けると批判されることも少なくありません。
実際、田中力もスコアラーとして大量の点を上げますが、ネットの声は「自分勝手で自己満足」や「強引に行くから失敗するんだ」と、厳しい声も多々あります。ですがバスケットボールの本質を間違ってはいけません。
バスケットボールの本質、それは『点を取れる者が点を取る、点を取れる時に点を取る』です。

NBAのスーパースター・コービーブライアントは1試合で65点も取ったことがある伝説の男ですが、さもすれば日本人からの見方は「自己中心」なのでしょうか?
いいえ、違います。「ブラックマンバ(世界一危険な毒蛇)」の異名を冠するレジェンドです。
中学生のクセに、高校生のクセに、そんな自分よりも若いけど活躍しているのが許せない。そんな人達からの声が、誹謗中傷と変わるのでしょう。
ですから『田中力は紛れもない強者だ』と、近い将来知る時が必ず来るはずです。

まとめ

以上が田中力の目指す場所NBAです。
メジャーリーグは直接体をぶつけ合ったりすることはなく、指先を繊細に使う日本人投手は成功しやすいですよね。
一方でバスケットボールは、肉体の激しい接触の末、一点をもぎ取る戦場です。
その舞台に体一つで挑もうとする姿勢に拍手ですね。

次回も引き続き田中力特集となっておりますので、ぜひお楽しみに!

関連記事

  1. 羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード4/20開催! その詳細が明ら…

  2. ステファン・カリーが語るバスケットボール

  3. 東京五輪マスコット決定に海外の反応は?「日本の小学生の好みは理解できな…

  4. 日馬富士引退後はどうなる?朝青龍等過去の事例と実は準備周到だった件

  5. 台風22号進路が関東への影響はどうなる?21号で分かったあること

  6. 新玉ねぎヨーグルトの作り方と味に賛否両論!むしろ炎上?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP