スキージャンプ

高梨沙羅のばっちり化粧は成績不振と関係ある?ない?反応まとめ

昨シーズンやその前のシーズンと比べると、昨年11月に始った今シーズンで高梨沙羅がなかなか優勝を果たせず、これを話題のばっちり化粧(濃いめの化粧)を始めたことと結びつける声があります。はたして、化粧と成績不振とは関係があるのでしょうか(Wikipedia参照)?

高梨沙羅のばっちり化粧と成績不振

その声とはたとえば、
「化粧をしだした頃から、成績が低下したような。プラスに働く人もいるけど、今は競技に集中した方がいい」というものです。
化粧と今期前半の不振に関係はあるのでしょうか?

まず、2015-2016シーズン、2016-2017シーズンと今期はじめの成績と化粧時期との関係を追ってみました。

これまでの成績と化粧時期との関係

確かに、2015-2016シーズンは、16試合中14回優勝、準優勝2回2016-2017シーズンは、16試合中9回優勝、準優勝6回とほとんど優勝か準優勝の成績を収めて、ジャンプの女王と言われていた。
一方、今期は12月、1月中旬までの3回の試合中で、優勝0回、準優勝1回に終わっている。

この成績不振が、化粧が原因とするなら、2017年のオフシーズンに成績を左右する出来事が起こったと考えるのが自然である。

一方、化粧をし始めた時期については、高梨自身が、2016年春から始めたと述べており、ネットが騒ぎ出したのは、2016年11月からで、シーズン中の1月2月に盛んに声が上がっている。
しかし、2016-2017年シーズンは、立派な成績を収めているわけで、今期の不振の原因を化粧を始めたことと結びつけるには無理があります。

単なる技術的問題なのか、21歳をすぎて、体の成長により、従来のやりかたのバランスが崩れたのか、今のところよくわかりませんが、いずれにしても化粧とは関係なさそうです。

成績不振とばっちり化粧に関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

成績不振が化粧と関係あるなし両論あるようです。化粧品会社がスポンサーについたのが悪いというひともいるほどです。

しかし、今まで見てきたように、化粧品会社がスポンサーについた時期や化粧を始めて、
今のばっちりメイクになったときと成績不振の今期とは時期的につながらないようです。

まとめ

平昌オリンピックは1月後に迫っています。高梨は先日、今期初めて準優勝をはたして、復調の兆しを見せているようです。

前回のソチで、金メダル確実と言われながら、4位に終わった悔しさを、成績不振で却ってプレッシャーが少ない今回、
雪辱の金メダルをもぎ取って、ぜひ化粧疑惑も吹き飛ばして、もらいたいと思います

■関連記事

関連記事

  1. マーレン・ルンビのプロフィールから分かる高梨沙羅との現在の実力の差!

  2. マーレン・ルンビは美人で実力も本物!海外の反応「高梨沙羅とライバルにな…

  3. 工藤三郎アナウンサーの高梨沙羅への泣けるインタビューから4年!彼女はど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP