プロ野球

【2018年最新版】意外と知らない?日本プロ野球の新人王の資格・条件について解説!

皆さん、プロ野球の新人王ってご存知ですよね。
では、その資格と条件があるのはご存知ですか?
今回は新人王になる為のあれやこれや見ていこうと思います。
余す事なくお送りするのでぜひお読みいただければと思います。

新人王とは?

まず始めに、新人王はまたの名を最優秀新人賞と言います。
いつでも狙えるタイトルとは違って、この最優秀新人賞というのは1回のみの挑戦となりますので、以降のどんなタイトルよりもある種の重みは一番高いです。
そしてこの新人王の審査対象というのが、新聞・通信・放送各社で5年以上のプロ野球担当の人が対象となります。
そこで最も得票数を得た者がその年の新人賞となるのです。
では元より、その新人賞を貰うに相応しい対象とはどんな選手に値するのか。そこを今度は見ていきましょう。

・海外のプロリーグ経験がない。
・支配下選手登録後、最長5年以内が対象。
・投手として、前年までの1軍の登板イニングが30イニング以内。
・打者として、前年までの1軍の打席数が60打席以内。

以上の4つを全て満たす者が対象となります。
なので、一軍に上がれていない選手の中で5年以内の選手には、皆平等に新人王のチャンスが有ります。
またこれは亜種的な考えなのですが、育成枠は例外となりますので、育成での期間は何年過ごそうと5年という対象には入りません。
そしてその上で、30イニングもしくは60打席をこなすことが条件になってきますので、これは下手をすれば結果にそぐわぬ形で条件を満たしてしまうかもしれないのです。
騒がれたルーキーが一軍で結果が振るわず二軍に落ちた場合に、ギリギリ投球回数が30イニングだったり、60打席だったりした場合、二度と対象にはなりません。
そういうことなのです。

では今年の新人王対象は誰なのか!!

そういう話になってきますよね。
ということで2018年6月7日現在での新人王対象の有力選手はこちらです。
先ずはセ・リーグから――。
鈴木博志 東克樹 吉川尚輝 神里和毅 高橋遥人 廣岡大志
京山将弥 板倉将吾 中尾輝 植田海 寺島成輝 馬場皐輔 アドゥワ誠

続いてパ・リーグも――。
田嶋大樹 藤岡裕大 宗佑麿 清宮幸太郎 田中正義 西村天裕
近藤弘樹 安田尚憲 斉藤大将

ここの選手が最有力と言われています。
話題性で見るならば、セ・リーグはアドゥワの0死満塁からの0封を賞賛し、新人賞に推したいところ。
パ・リーグであれば清宮ですが、話題とは裏腹に打撃不振が推しの一声をとどめている。そんな感じでしょうか。だとすると実績としては田嶋大樹が強いかと。

ネットの注目

ネットの注目はズバリ田嶋大樹という声が多いようです。メディアは何かと「清宮が~、清宮選手なんと~」ですが、真の野球ファンは世間に泳がされない感じが見て取れます。

「テレビは清宮ばかりにスポットあて過ぎ、他を見ろ」20代男性
「打撃不振なんだからメディアもそっとしておくべき、田嶋と藤岡に焦点向けて」20代男性
「アドゥワ誠の使い方は、かなりピーキー。敗戦処理よりももっと良い使い方をしてほしいです」20代男性

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回お送りしてきた新人賞ですが、毎年その年に話題になった選手ではなく、実績を残した選手を賞するものである為、そこに一切の干渉はありません。
皆さんは両リーグで、投票するとしたら誰に投票しますか?
今年のペナントで活躍する新人選手達に期待と注目が集まる一方、リーグ順位の予想なんかも一緒にしてみてはいかがでしょうか。
それでは最後までご読了ありがとうございました。また次回お会いしましょう!!

関連記事

  1. カープファン中村奨成の入団後の背番号を予想!その理由は?

  2. 【速報】内川聖一選手、日本人51人目の2000本安打達成!

  3. 阪神の新エース!藤浪晋太郎の過去~現在の成績と理想

  4. 【速報】広島の鉄人、衣笠祥雄氏早すぎる死去。それに対するネットの反応は…

  5. 大谷翔平VS田中将大 29日についに直接対戦か!?

  6. 【2018年新人王候補】吉川尚輝が今年のダークホース!?ネットの意見を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP