野球

【速報・動画あり】メジャー史上最速右腕誕生-ジョーダン・ヒックス(105マイル)

弱冠23歳の新人投手が世界新記録を作りました。

セントルイス・カージナルスのジョーダン・ヒックス投手が現地時間20日、対フィラデルフィア・フィリーズ戦の9回に登板。
オデュベル・ヘレーラ選手との対戦の際、右腕では世界新記録となる105マイル(≒168.981キロ)を記録しました。

速報・球団公式ツイートはコチラ(動画付き)

世界最速右腕、爆誕

2018年5月21日(現地時間)、ジョーダン・ヒックス投手が本拠地ブッシュ・スタジアムでリリーフ登板し、16球目に投じたツーシームが105マイルを記録
これはメジャー公式戦に記録された右ピッチャーの世界最速記録。

新たなヒーローの誕生となりました。

youtube版はコチラ

右腕・左腕を問わない『ピッチャーとして』の世界最速記録は、アロルディス・チャップマン選手105.1マイル (169.14 km/h)
ギネスブックに登録されている世界最速記録です。

まだ厳密な速度測定がされていませんので、もしかするとチャップマン選手記録を塗り替える可能性もあります。

しかし、『23歳のルーキーが記録したこと』『フォーシーム(=直球)ではなくツーシーム(=変化球)』なことは大変な衝撃です。

大谷翔平選手が打ち立てた日本最速記録の、時速165キロ4キロも上回る数値。

現地・ネットの声

105マイルを出した際のツイート(英語)


訳:ジョーダンヒックスがチャップマンの記録に挑んだ。記録更新できるよう望みます。


訳:マジかよ

新しい歴史であると共に、新しいスーパースターの誕生となるでしょうか。

ヒックス選手の球から目が離せません。

関連記事

  1. スタバのハロウィンフラペは何味?ネタバレを店員さんに聞いてみた

  2. 渡部暁斗と弟、成績や結婚相手は?反応まとめ

  3. ががばばでウシロウシロって本当に後ろを見た?仕掛けがあるよ!

  4. 衝撃のガン発表!!藤川孝幸氏の経歴の解説

  5. iPhoneXが復元できない!そんな時に試したい4つのこと

  6. W杯イングランド代表のエース、ハリー・ケインの強みと対策法に迫る!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP