総合格闘技

ジェイミー・マクドネルの戦績!井上尚弥の相手にふさわしい強さ?

ジェイミー・マクドネルの戦績をまとめてみたいと思います!
井上尚弥がジェイミー・マクドネルへ挑戦交渉を行っているという報道がされました。
井上尚弥の相手にふさわしいボクサーなのでしょうか?
それでは、見ていきましょう。

ジェイミー・マクドネルの戦績

ジェイミー・マクドネルはイギリス出身、31歳のプロボクサーです。
現WBA世界バンダム級王者でジャブを主体に堅実に試合を組み立てるスタイルが特徴です。

ジェイミー・マクドネルの戦績は29勝13KO2敗1分けです。
総ラウンド数は245ラウンドでKO率は39%
ジャブで組み立てるタイプということでKO率はやはり低めですね。

ジェイミー・マクドネルが戦ってきた強敵というと、まずはIBF世界バンダム級王座をかけて戦ったフリオ・セハですね。
KO率87%を誇る強打の持ち主でしたが、ジェイミー・マクドネルが高い防御技術で封じ、判定勝ちを収めました。

私たち日本人にとっては、亀田和毅との対戦も印象的でしょう。
この試合でジェイミー・マクドネルはプロ初のダウンを喫しましたが、後半反撃を見せ12回3‐0の判定勝ちを収めました。

派手なKO勝ちこそないものの、堅実に試合を組み立て判定勝ちをもぎ取るスタイルが魅力ですね。

ジェイミー・マクドネルの強さは?井上尚弥とどうなる?

では、ジェイミー・マクドネルは井上尚弥と対戦することになるでしょうか?
圧倒的な強さを持つ井上尚弥と戦ったらどうなるでしょうか?

ジェイミー・マクドネルの強さがわかる動画があったのでご覧ください。上記の亀田和毅との試合です。

たしかに前半ダウンを奪われたものの、徐々にジェイミー・マクドネルのペースになっていき、最終的にはしっかり打ち合いも制して判定勝ちを収めています。

ジャブで堅実に試合を組み立てるというと貧弱なボクサーをイメージしてしまいがちですが、打ち合いにも対応できる強さがあるように見えます。
派手なKO勝利の戦績がないので弱いと思われがちですが、地味に強いタイプなんじゃないかと思います。
ジェイミー・マクドネルの高い防御技術があれば、井上尚弥の強打も防ぐことができるかもしれません。

戦績一覧

戦績一覧は以下です。

1戦目:2005/9/16
対戦相手:ニール・ヨム
結果:◯判定6R

2戦目:2005/12/2
対戦相手:デルロイ・スペンサー
結果:◯判定6R

3戦目:2006/3/3
対戦相手:ゲイリー・シェイル
結果:◯判定6R

4戦目:2006/4/21
対戦相手:ニール・マーストン
結果:◯判定4R

5戦目:2006/6/9
対戦相手:ダイ・デイビーズ
結果:△判定4R(引き分け)

6戦目:2006/10/13
対戦相手:ウェイン・ブロイ
結果:◯判定4R

7戦目:2006/12/1
対戦相手:アンディ・ベル
結果:◯TKO3R

8戦目:2007/2/23
対戦相手:ウェイン・ブロイ
結果:◯TKO3R
イングランドバンタム級王座獲得

9戦目:2007/9/21
対戦相手:ニキー・タールキン
結果:◯判定8R

10戦目:2007/12/8
対戦相手:クリス・エドワーズ
結果:●判定12R
イングランドスーパーフライ級
王座決定戦・失敗

11戦目:2008/3/28
対戦相手:リー・ハスキンズ
結果:●判定8R
再起戦、敗戦による連敗

12戦目:2008/9/19
対戦相手:アンソニー・ハンナ
結果:◯TKO5R

13戦目:2008/10/25
対戦相手:アラン・ボネール
結果:◯判定6R

14戦目:2009/2/14
対戦相手:クラスタン・クラスタノフ
結果:◯TKO3R

15戦目:2009/12/4
対戦相手:ジェームス・アンクリフ
結果:◯TKO1R

16戦目:2010/1/22
対戦相手:イアン・ナパ
結果:◯判定10R
イングランドバンタム級王座挑戦・獲得

17戦目:2010/3/20
対戦相手:ジェームス・アーノルド
結果:◯TKO10R
EBU欧州バンタム級王座決定戦・獲得

18戦目:2010/7/2
対戦相手:ロドリコ・ブラッコ
結果:◯TKO3R

19戦目:2011/1/22
対戦相手:シュテファーヌ・ジャモエ
結果:◯判定12R (防衛2)

20戦目:2011/5/28
対戦相手:ニック・オチエノ
結果:◯判定12R

21戦目:2011/9/3
対戦相手:スチュアート・ホール
結果:◯判定12R (防衛3)

22戦目:2012/3/3
対戦相手:イヴァン・ポゾ
結果:◯TKO2R(防衛4)

23戦目:2012/10/20
対戦相手:ダーウィン・ザモラ
結果:◯TKO6R
IBF世界バンタム級王座挑戦権獲得

24戦目:2013/5/11
対戦相手:フリオ・セハ
結果:◯判定12R
IBF世界バンタム級王座決定戦・獲得

2013/10/18
指名挑戦者マリンガと防衛戦を行わずにIBFタイトル剥奪となる

25戦目:2013/11/23
対戦相手:バーナード・イノム
結果:◯TKO7R

26戦目:2013/12/14
対戦相手:アビゲイル・メディナ
結果:◯判定8R

27戦目:2014/5/31
対戦相手:タプティムデーン・ナ・ラチャワッ
結果:◯TKO10R
WBA世界バンタム級王座決定戦・獲得

28戦目:2014/11/22
対戦相手:ハビエル・チャコン
結果:◯TKO10R (防衛1)

29戦目:2015/5/9
対戦相手:亀田和毅
結果:◯判定12R(防衛2)

30戦目:2015/9/6
対戦相手:亀田和毅
結果:◯判定12R(防衛3)

31戦目:2016/4/9
対戦相手:フェルナンド・バルガス
結果:◯判定12R(防衛4)

32戦目:2016/11/12
対戦相手:リボリオ・ソリス
結果:◯判定12R(防衛5)

32戦目:2017/11/04
対戦相手:リボリオ・ソリス
結果:ー 3回2分45秒無判定 バッティングによりマクドネルがが左眉上をカット

33戦目:2017/5
対戦相手:井上尚弥
結果:〇1˞RKO(1分51秒)

参考:http://boxrec.com/en/boxer/331048

ネットの反応

マクドネルに強いという印象はない
スピード、パワー、テクニックすべてにおいて井上が上
地味に見えるだけで普通に強いと思う
井上の圧勝とはいかないと思う
簡単な相手じゃない
はっきり言って井上の敵ではない
マクドネルはインファイトに弱い印象
中盤には井上尚弥がKOすると思う
井上の左フックでダウンする未来しか見えない
圧倒的に勝てる相手ではないし楽しみ

出典:https://goo.gl/tDTDS8

ジェイミー・マクドネルvs井上尚弥に対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

ジェイミー・マクドネルの戦績をまとめてみました。
堅実な戦いで相手を追い詰めるタイプのようです。
井上尚弥と戦ったらどうなるか楽しみですね。

といっても本命はテテでしたが、怪我でテテがナルバエスとも延期している様。
正直、井上選手が強すぎてつまらないことが続いています。

それでもここ最近では、キャリア的にはまともな相手です。
(もう歳なような気もしますが…)

楽しめる試合になることを期待しています!

■関連記事

マクドネルvs井上尚弥のリーチ差10cm以上はどれくらい影響ある?

井上尚弥の戦績最新をまとめてみた!現在PFP7位のその実力は?

井上尚弥と那須川天心どっちが強いか?2人の接点と反応まとめ!

井上尚弥の入場曲一覧とその理由は?

The following two tabs change content below.

小汰郎

Sports FlyHigh編集長Surprizz Infinity株式会社
スポーツFlyhighの編集長。好きなスポーツは野球だけど致命的な運動音痴のため10代でプレイヤーを引退。紆余曲折有り今ではスポーツ系のメディアで編集長を務める。一番好きな野球のシーンはWBC決勝のイチロー決勝打。

関連記事

  1. 【速報・動画あり】メジャー史上最速右腕誕生-ジョーダン・ヒックス(10…

  2. ダルビッシュ有の登板予定と視聴方法(ライブ中継)!ワールドシリーズで今…

  3. リステリア菌の日本の事例と症状を調べてみた!なぜ南アや豪州で集団感染が…

  4. ステファン・カリーの魅せる世界

  5. 本田紗来のスケート実力がヤバかった…「なんなんだあの3姉妹…

  6. ウィルソンキプサングの練習に強さの秘密はある?シューズも気になる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP