総合格闘技

比嘉大吾の次戦の相手は誰?日本記録更新なるか!?

ボクシング界に新たなヒーロー、比嘉大吾が誕生しました!
日本記録タイとなる15連続KOを達成しましたが、次戦の相手は、いつ誰とになるでしょうか?
比嘉大吾のプロフィールなども合わせてまとめていきたいと思います!

比嘉大吾の次戦の相手は誰か?

それでは比嘉大吾選手について見ていきましょう!

比嘉大吾15戦15勝15KOの日本記録タイ!

比嘉大吾は2月4日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチにて、挑戦者モイセス・フエンテスを1回2分32秒KOで下し、2度目の防衛に成功。
この勝利により、比嘉大吾はプロデビュー以来15戦15勝15KOを記録。
15戦連続KO勝利は史上3人目の日本記録タイとなります。

井上尚弥がずば抜けていた日本ボクシング界でしたが、比嘉大吾もとんでもない怪物になるかもしれませんね。
今後さらにKO記録を伸ばしてくるのか、注目です。

ちなみに過去2人の15戦連続KO記録は以下
元WBC世界スーパーライト級王者、浜田剛史(帝拳ジム代表)
元東洋太平洋、日本ウェルター級王者、牛若丸あきべぇ(当時協栄)

次戦はいつ誰と?

では、16連続KOがかかる次戦はいつ、誰との対戦になるでしょうか?
現在、次の対戦相手はまだ決まっていませんが、時期としてはこのペースだとゴールデンウィークあたりが有力ではないでしょうか?

気になる対戦相手ですが、私はIBF世界フライ級王者のドニー・ニエテスと統一戦をするのが面白いんじゃないかと思ってます。
手強い相手ですが、統一戦という大舞台で16連続KOを決められたら本当にすごいことですし、無難な相手と戦って達成するのではなく、あくまで強い相手と戦ってほしいですね。

ネットではどんな予想がされているのか、後で紹介していきます。

比嘉大吾のプロフィール・エピソード

比嘉大吾は沖縄県浦添市出身、22歳のボクサーです。身長は160.1cm。
現WBC世界フライ級王者で、白井・具志堅スポーツジムに所属しています。

15戦15勝15KOというすさまじい戦績を誇る偉大なボクサーですが、小中学校時はなんと野球少年だったようです。
父親が少年野球のコーチだったこともあり、野球に熱中し、高校でも甲子園を目指して野球をするつもりでしたが、たまたまテレビで観戦していたボクシングの試合で過去の名勝負映像を放映、そこに映っていたのは地元沖縄の英雄、具志堅用高が強豪を圧倒する姿でした。

その姿に心を奪われた比嘉は「ボクシングをやろう」と決意。
高校卒業後、ついに憧れの具志堅との対面を果たし、白井・具志堅スポーツジムに入門。
熱い師弟関係に結ばれた比嘉は、師匠具志堅の下でめきめきと力をつけ、ついに日本記録タイの15連続KO勝利を達成するほどのボクサーとなりました。

これからどこまで強くなっていくのか、期待が高まりますね。

ネットの予想・反応

井岡復活して比嘉と戦ってほしいな!
比嘉大吾すごい!15連続KO勝ち!
比嘉大吾の防衛戦すごかったなー!
統一戦やってほしいなあ
王座防衛おめでとう!
ずっとフライ級に留まるのかな
比嘉大吾面白いし強いし好きだわ笑
強すぎて笑える
階級上げてスーパーフライに行ってほしい
比嘉大吾のKOすごかった
次戦は指名試合でモハマド・ワシームと対戦か?
クラス上げて来た田中選手?他団体王者の木村選手?三階級王者のニエテス選手?

出典:twitter

比嘉大吾次戦の予想や15連続KOに対する反応をまとめてみました。

まとめ

日本記録タイの15連続KO勝利を達成した比嘉大吾。
ボクシング界のニューヒーロー誕生の裏には師匠・具志堅用高との熱い師弟関係もありました。
次戦はいったい誰との対戦になるでしょうか?
新記録となる16連続KOに期待ですね!

The following two tabs change content below.

小汰郎

Sports FlyHigh編集長Surprizz Infinity株式会社
スポーツFlyhighの編集長。好きなスポーツは野球だけど致命的な運動音痴のため10代でプレイヤーを引退。紆余曲折有り今ではスポーツ系のメディアで編集長を務める。一番好きな野球のシーンはWBC決勝のイチロー決勝打。

関連記事

  1. 本田圭介、代表引退!?その真意とネットの意見は!?

  2. 三橋貴明逮捕の陰謀論詳細!どう思う?こんなドラマみたいなことあるの?

  3. カーリングの反則とは?ショットにもルールはあるの?

  4. 沢村賞の賞金金額とその反応をまとめてみた

  5. オリンピック種目に向けて変化する空手、寸止めとフルコンタクトとは。

  6. インフルエンザワクチンが不足!解消時期はいつなの?埼玉の状況を見てみた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP