未分類

サンシャイン水族館の魚の損失はいくら?素人計算してみた結果n

サンシャイン水族館の魚が館内最大の水槽で飼育している生物の94%に当たる、魚1235匹が大量死したということで
サンシャイン水族館の年間パスポートを持っている筆者としてはびっくりの出来事であります。
通常営業をするとのことなのです、大丈夫なのでしょうか?
そして、損失はいくらくらいになるのでしょうか?いろいろと情報を集め素人計算してみました。

サンシャイン水族館の魚の損失はいくら?

子供とよくいくサンシャイン水族館。あの大きな水槽にはエイやサメなど多くの魚が生息して
時間になると泳いであらわれるお姉さんが魚とともにショーを見せてくれます。

最近はペンギンの新しいところも出来2大メインとなっていますが、今まではこの水槽が1大メインといって過言ではない存在でした。

以下オリジナル写真となります。

年初?の段階でこれだけいました。

エイもしんでしまったのでしょうか?
トラフザメなど23種類73匹が生き延びたとのことです。意外と珊瑚が高かったりするのかな?

 

さて、こういった思い出もそうなんですが、社会人になるとこういった損失がいくらか、なんてことが気になってしまうものです。
1235匹っとすごいですよね。自分が運営側の当事者だったら…と思うと、すごく怖いです。
プロでもこういった失敗をするものなのですね。それともバイトのミス?そこらへんは報道されていませんが、どういう原因にしろヤバいレベルの出来事ですよね。

そこで魚1匹いくらくらいのものなのか調べてみました。
ネットにあった情報で正確性は保証しかねますが以下のような数字が出てきました。

その前に、前提として
魚の値段は、天然か養殖か、あとは時期やサイズ、産地、生息数、入手の難易度、輸送の手間によってまちまちですので
一概に言うことは出来ません。

シマアジ天然:2万円位
ギンガメアジ:2000円位
タコ:2万5000円位
サケの成魚:5000円位
メバル:1500円位
ミユキマス:2000円位
ハコフグ:2000円
ハリセンボン:2500円
タカアシガニ:2万円位
ウニ:600円
アワビ:3000円
ロブスター:3000円
ウツボ:6000円

出典:https://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/kikuchi04

イルカ:180万円
調教済イルカ:600万円
シャチ:1億円

出典:http://www.news-postseven.com/archives/20150527_324592.html

という数字が出てきました。
サメは無事ということですのでもしかしたら強そうな魚は大丈夫なんですかね。

ではざっくりと適当ではありますが、素人計算していきます。
恐らくですが95%は安い魚でしょう。4000円平均として計算。
そして、5%が高い魚。100万円平均として計算。エイはいっぱいいましたからね。

そうすると
1235匹x95%x4000円 + 1235匹x5%x100万円 = 469万3000円+6175万円=6644万3000円

という数字が出ました。
まあ、この100万円平均の魚が何匹かで全然違うので、どこまで正解に近いのかわかりませんが…。

5000万~1億くらいと、勝手に思っておきます…。

2011年に月間35万人の来場者という記録があるので、
現在30万人として、一人当たりの単価が1500円として計算すると、売り上げが4億5000万円ですので
今回14.6%くらいの損失となるのでしょうか。数字が合っているならですが…。

15%損失は痛いですね。買い足すから2倍くらいと考えてもいいかもしれませんが
つぶれるほどではないところでしょうか。

今後責任問題に発展するのかも..。

ネットの反応

まとめ

筆者も年パス持っている池袋サンシャインシティ水族館のファンですので、ここはつらいところですが
頑張っていただきたいところです。
酸素を間違えて止めてしまった人は真っ青でしょう…。大丈夫でしょうか。

また観に行って、元気な飼育員さんやお魚さんたちを見たいです…。

関連記事

  1. 白鵬を引退に追い込むかのごとくワイドショーが今度は一斉に白鵬叩きに!

  2. 比嘉大吾の次戦の相手は誰?日本記録更新なるか!?

  3. 埼玉西武ライオンズ・源田壮亮プロデュースのお弁当「#箸止まらん」その中…

  4. たまごっち復刻版の値段と予約方法まとめ「高いな~」「スマホでいいかな」…

  5. ロシアワールドカップを最後に代表引退を宣言した名だたる英雄選手たち!

  6. ザギトワ選手の点数が高すぎと批判どうなる?後半1.1倍固めうち戦略が議…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP