日記

12月13日ピークの流星群の方角とおすすめの観測方法!

12月13日にピークを迎える流星群があります。
冬は空気が澄んでいて星が見やすいということで、流星群を観測するという人も多いかと思います。
そこで、流星群が見られる方角やおすすめの観測方法をまとめていきたいと思います!

12月13日ピークの流星群はふたご座流星群!方角は?

12月13日ピークの流星群は、ふたご座流星群です。

今年のふたご座流星群は、12月14日16時ごろに極大(流星群の活動が最も活発になる時期)を迎えると予想されています。
しかし、その時間は日本では昼間のため、流星群を見ることはできません。
よって、観測できるピークは極大を迎える直前の夜、つまり13日夜~14日明け方までということになりますね。

ふたご座流星群は流星数が多く、比較的観測しやすい流星群です。
最も多い時で1時間に40回ほど流星を見ることができるので、多くの方が観測しやすいです。
しかも、ふたご座流星群は比較的早い時間から出現し始めるため、小さいお子さんのいる家族でもみんなで見ることができるかと思います。

ふたご座流星群の方角は?

ふたご座流星群は、ふたご座の中でも特に明るい星、カストルのすぐ近くを放射点とし、そこを中心に放射状に流星群が出現します。
とはいえ、流星群は広い範囲に現れるため、特定の方角のみを見るのではなく、空全体を見渡すほうが良いとのこと。
広い範囲を見ることで、流星を目にする確率が上がるので、できるだけ全体を見るようにしましょう。

ちなみに、13日夜の天気は東京は晴れ、大阪は曇りとなっています。
今回の流星群は北関東の方が観測しやすいかもしれません。
そして流星群がピークを迎える時間帯は、14日の0時過ぎ前後の数時間です。
日付が変わる前後と覚えておきましょう。

おすすめ観測方法

ふたご座流星群を観測するおすすめの方法は、街灯の少ない暗くて広い場所で寝転んで観測することです。
流星群の光は街灯や建物の明かりと比べるととても弱く、明るい場所では見ることはできません。
また、ビルなどが立ち並び空全体を見渡すことができない場所では、広範囲に出現する流星群を捉えることは難しいです。

明かりのついていないグラウンド河川敷などが観測に適した場所と言えるでしょう。
*ただし治安に気を付けてくださいね。

その他、用意すると良いグッズなどを紹介しておきます。

・防寒具
・シートや簡易椅子
・星座表
・寝袋
・野外ストーブ

などがあると便利ですね。寒いので意外と体力消耗しますので気を付けましょう。

また、個人手的には望遠鏡などより、裸眼で視野を広くしておく方がベターだとおもっています。
その方が流星を見つけやすくなります。
人によっては望遠鏡あった方がいいという人もいますね。

ネットの反応

ふたご座流星群見に行きたいなあ
来週はふたご座流星群、晴れるといいなあ
絶対見なきゃー!
山登るしかない
ふたご座流星群見たい
曇って見られないかも
ふたご座流星群待ち遠しい
山奥とかに見に行きたいー
晴れてくれたら頑張って見ようかな
ふたご座流星群のために実家帰ろうかな(笑)
出典:twitter
ふたご座流星群に対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

12月13日ピークの流星群はふたご座流星群。
方角はふたご座の近くですが、空全体を見る方が良いとのこと。
14日0時前後に、広くて暗い場所で、できれば寝転んで広い範囲を見ましょう。

関連記事

  1. 近江友里恵の愛車の車種にそりゃ驚くわ!「やっぱり変わってる」「あさイチ…

  2. 新玉ねぎヨーグルトの作り方と味に賛否両論!むしろ炎上?

  3. 瞬間接着剤が手についたらどうすれば!?焦ることはない3つの知っておきた…

  4. 黙祷を捧げる意味とは?わかりやすく子どもに伝えるならば

  5. カフェミクニズのガトーショコラはお取り寄せできないが…評判まとめ

  6. 節分アイテム2018!かわいいものを集めてみた!n

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP