未分類

ステファン・カリーの魅せる世界

【NBAのスーパースター】ウォリアーズの3Pシューター ステファン・カリー!!その特徴とネットの声

前回に続き始まりました。ステファン・カリー特集。
今回は第2回ということで『ステファン・カリーの魅せる世界』というテーマでクローズアップしていこうと思います。
NBAの頂点に君臨する絶対的【司令塔】の魅力を皆さんに上手く伝えられれば幸いです。

プレイの中で観客が沸く瞬間

2年にもわたりスポーツ選手の生命線である足首を2回も手術をしたステファン・カリー。
その時期は早く復帰してほしいという、数多くのファンからの切望の声がステファン・カリーに届きましたがこの時に初めて挫折を経験したそうです。
そして治ったとしてもブランクを埋めれるのか、再び故障するのではないか。そんな不安を抱き続けたそうです。
それでも優秀なドクターやスタッフ、支えてくれた周囲のおかげで復帰を果たします。

ついに復帰した時、数多の葛藤・感謝を胸についに覚醒します。
チーム歴代タイ記録である一試合の個人最高得点54得点を決める爆発的な攻撃力を発揮するのです。
さらにシーズンを通した記録としては3ポイントシュートの神様、レイ・アレンの持つ歴代記録269本を、ステファン・カリーは272本で記録更新します。

ケガの辛さ、感謝することの大切さを学んだステファン・カリーは、待ち続けたファンを大いに沸かせました。
3ポイントシュートが放たれる度、ステファン・カリーにボールが渡る度、歓声と共に彼は人々を魅了し続けるのです。

伝説を創る男

NBAのオールスターゲームで2014年から2018年現在まで、途切れることなく名を連ねるステファン・カリーは、記録を更新し数々の偉業を成し続けます。
自身の打ち立てたシーズン記録、3ポイントシュート272本は翌年に286本という大幅な記録更新でNBA記録を再度樹立。
NBAオールスターゲームには、ファン投票で全選手の中で最多得票を集め出場。

NBAのイベントでは3ポイントシュート大会に出場し、決勝にて13本連続成功で圧倒的な実力差を見せつけ優勝します。
またプレーオフでもレイ・アレンの保持する100本という記録を上書き、ステファン・カリーの牽引によりNBAの頂点を決めるNBAファイナルに進出すると、勢いそのまま40年振りとなるNBAチャンピオンに輝きました。

さらに翌年は開幕3試合で118得点を挙げ、『バスケの神様』マイケル・ジョーダン以来の最高記録で、得点王にまで躍り出ます。そこからチームは驚異の24連勝を記録。
レギュラーシーズン含む27連勝はチーム初の記録となります。
またある試合では16本中12本の3ポイントシュートをゴールに沈め、その中でもアメリカ全土が沸いたのは、残り2秒からのステファン・カリーによる超ロング3ポイントシュート。劇的な逆転を決めた試合の話題で持ち切りとなりました。
その時にはレブロン・ジェームスを始め、数々の現役・レジェンド選手からの賞賛の声が送られこの年はまさに伝説となりました。

昨年の3ポイントシュート記録286本をなんと402本というレジェンドスコアで堂々の記録更新するのです。
さらに3ポイント王、得点王、スティール王、フィールドゴール50%-3ポイント40%-フリースロー90%を記録する50-40-90クラブ達成。
さらにMVPとしては史上初の満票MVPとなります。しかも2年連続MVPはスティーブ・ナッシュ以来。

以降も記録を刻み続けるステファン・カリーは、現在進行形で伝説の男となっています。

ネットの声

伝説に相応しい男には賞賛と感嘆の声のみが寄せられています。

「(シュートを)落とす気がしねえ!」
「生きる伝説マイケル・ジョーダンの再来だ」

不動のMVPは今もNBAを席巻し続けます。

まとめ

如何でしたか、皆さん。
彼の偉大さと伝説の数々上手く伝えられましたでしょうか。
次回で第3弾となりますが、まだまだ伝えたい事たくさんあります。ぜひぜひ次回もご期待ください!それでは次回のステファン・カリー特集でお会いしましょう!!

関連記事

  1. 下町ボブスレーの性能は本当にラトビア以下?不採用の予兆は昨年11月に!…

  2. フランスの徴兵制復活に海外の反応は?日本と大違い!

  3. 村田諒太が試合中笑いが出る理由

  4. ジェイミー・マクドネルの戦績!井上尚弥の相手にふさわしい強さ?

  5. 【超絶器用なマッチョ】富樫勇樹、父・英樹氏と戦い続けた過去

  6. アジアNo.1PG【司令塔】富樫勇樹の戦績と実力に迫る!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP