未分類

iPhone遅くなった?理由は?アップルが1年後に性能落ち始めると認め納得

「アップルが1年後に性能落ち始めると認めた」タイトルだけ見ると「ふざけるな!」と思ってしまうかもしれませんが
これは誤解をしてはいけませんね。むしろアップルの配慮だということも理解したうえで批判しなければいけません。
iPhoneが遅くなった!という話はよく聞きますし、私も実際体験しますが…。
この理由について見ていきましょう。

iPhone遅くなった?アップルが1年後に性能落ち始めると認める

iPhoneを長らく使っていると「遅くなった」と感じることが多いでしょう。
といっても劇的に、というよりは少し。気づく人には気づくもの。

ただし、いろいろな誤解もありますので、原因があることもありますので、以下の点には注意しましょう。

・iPhoneの問題ではなくてサーバーの問題であること
・iPhoneの問題ではなくて、見ているページが重いことが問題であること
・アプリ開きすぎ
・同時にいろいろやりすぎ

などなど、なんでもiPhoneの性能のせいにしてしまう人もいますが、原因がiPhoneでないことも多いので
それはきをつけて見ていきましょう。

2017年12月アップルはベンチマークソフトGeekbenchが「AppleがiOS更新によってiPhoneの性能を落としている」という指摘により
iPhoneのピーク時の性能・パフォーマンスを意図的に落としていることを認めました。

しかし、それは「いじわる」とかそういうことではありません。

次のような理由があったのです。

・顧客に最高の体験を目指しているので次のことをしている
・リチウムイオンバッテリーは消耗することにより、予期しないシャットダウンをすることがあるため
・そのバッテリーの寿命を延ばすためには、パフォーマンスをある程度落とさないといけない
・バッテリーの消耗にかかわらず、性能を最大にすると寿命は短くなり、シャットダウンも多くなってしまう

とのことです。

なるほどです。

もう40歳なのに、20歳の時のような仕事をしたら死んでしまうと思ったり
もう40歳なのに、20歳の時のマラソンペースで走ると途中でダウンしてしまう私と同じですね。

40歳には40歳なりのペースで、という意味で、あえて1年以上経ったら性能を落とすことでバッテリーの寿命を伸ばしているのですね。
これは人間にも言えることで理にかなっていることです。

結局新しいiPhone買わせようとする作戦なんじゃないか思うんだが
バッテリー交換を安くすればいいだけ
バッテリー交換したらiPhone6がサクサク動き出したよ
旧機種を重くして新しい機種を買わせようとしている悪質なやり方でしょ
10万越えの商品でこれはどうなんやろ。電化製品は5年以上使えるのに
今まで相当な人がただのバッテリーの低下で機種変していたでしょ
やっぱりな
iPhoneだけじゃなくて、Macもでしょ?
これは策でしょ。ソフトバンクに行ったらバッテリーを新たに買うと動作は戻るが、コスパ的には買い替えをした方がよいから新商品をすすめると言われた
これずーっと感じてたよ。やっぱりなという感じ

出典:twitter

まとめ

けっこう批判が多いですね。

アップル側の配慮、と受け取る人がほとんどいませんでした。

やはり多くの人がそんなにお金をかけたくない、と思っているのが分かります。
最初に高いお金をだしてもいいけれど、それを長く快適に使いたい、とういう声が潜在的にあるように感じました。

アップルは予想外の反応に戸惑っているのではないでしょうか?
多分アップルとしては「配慮している」ということで好感されると思っていたのではないでしょうか?

■関連記事

>>アニ文字をLINEで送る方法!やったらかなりハマる!

>>アニ文字を10秒以上録画する方法!「あ、その手があった!」

>>iPhoneXが復元できない!そんな時に試したい4つのこと

関連記事

  1. W杯ロシア大会開幕、早くもVARが試合に影響

  2. イサンファの記録を小平奈緒の自己ベストと比較してみた

  3. ザギトワ選手(沢尻エリカ似)の実力は実際どうなの?最高得点を比較した結…

  4. ザギトワ秋田犬名前をマサルからマーシャになぜしたの?反応まとめ

  5. 平野美宇はワールドカップ2017で中国勢を撃破できるか?放送予定と視聴…

  6. イチローはいつ引退するの?本人は50歳まで現役をやる覚悟!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP