未分類

日本代表VSセネガル代表!死闘の末引き分け勝ち点1!!引き分けは上出来?それとも…ネットの意見は!?

W杯グループリーグH組
日本代表の第2戦、対セネガル戦。
激闘の末2-2の引き分けという結果になった。

日本は2度リードを許すも、乾、本田の同点打でなんとか勝ち点1を獲得した。
日本のグループリーグ突破は、最終戦ポーランド戦に委ねられた。

これまでの日本代表との違い

日本はこれまで、先制点を許したゲームではなかなか同点打を決めきれず敗北してきたケースが多い。

しかし、今大会の日本代表は今までとは何かが違う。

セネガル戦のスタメンはコロビア戦と同じメンバーで挑んだ日本。
最初のセネガルの先制点は自分たちのミスから失点したもの…。

GK川島も試合後のコメントで

「自分のミスです」と、悔しい表情を見せた。

だが、そこから日本はセネガルの高さ、スピードに柔軟に対応し
長友が身体能力を見せ、長友からのパスを受けた乾が同点ゴールを決めた。

決して多いチャンスではなかった。
セネガルのリーチの長さや圧倒的な高さに苦しめられながらも
なんとか同点打を決めた。

そして後半、またもセネガルにリードを奪われると
香川に代わり途中交代の本田が難しいボールを確実に決め
同点に追いついた。
この本田のゴールで、日本人初の3大会連続ゴールになった。

試合はそのまま2-2で終了したが、日本にとっては大きな勝ち点1だ。

引いて守りに入った引き分けではなく、勝ちにいった末の引き分け。
日本は最後まで勝ち点3を狙いにいった。

その日本の攻めが、セネガルの集中力を途切れさせた。
前半では中々スペースが無かった中盤で、ボランチの長谷部、柴崎がボールを回す時間が増えた。

そして柴崎からの正確なスルーパス、縦パスも通り
日本の逆転勝利も見えてきた内容だったが、惜しくも引き分けとなった。

しかし、ゲーム内容を見ればコロンビア戦よりも遥かに進化をしていた。
チーム全体で守る守備、攻撃の際の切り替え。
引き分けで終わったものの、日本のサッカーが世界に通用すると思えたゲームだった。

日本のGR突破をかけるポーランド戦。

まず要注意なのが、FWレワンドフスキ。
バイエルンでプレーするレワンドフスキはポーランドのストライカー。

コロンビア、セネガルとはまた違ったヨーロッパ勢の強豪だ。

日本代表はセネガル戦で引き分けたことで、
グループリーグ首位の位置にいる。

そして日本対セネガル戦後に行われた
同組のコロンビア対ポーランド戦で
コロンビアが3-0でポーランドに勝利した。
この時点でポーランドはグループリーグ敗退が決まった。

日本代表は最終戦のポーランド戦で引き分け以上なら
決勝トーナメント進出が決定する。
万が一負けたとしても、セネガルがコロンビアに勝てば日本のグループリーグ突破が決まる。
だが、自力で突破したいところだ。

中3日という短い期間の中で、セネガル戦での内容を受けどう修正してくるか。

ネットの意見

まとめ

大激戦のグループH組。

W杯とはやはり、簡単にはいかない。
この激戦を勝ち抜かなければ、待っているのは敗退だ。

すでに各国が突破組、敗退組が決まっていく中
日本は最終戦ポーランド戦にすべてをかける。

6月28日23:00からグループリーグ最終戦、ポーランド代表と戦う。
日本代表のグループリーグ突破を、ぜひこの目で焼き付けたい。



関連記事

  1. 清宮幸太郎の背番号どうなる?ファンのいろいろな思い

  2. サッカー日本代表。 本田、長谷部ら続々と代表引退宣言。まさかの香川も……

  3. アンカハスが強い!ボクシングスーパーフライ級井上尚弥と比べた評価

  4. 弘中綾香の声がガラガラすぎる原因と反応まとめ「放送事故にならなければい…

  5. 【渡米決定】田中力の現在と潜在能力

  6. 宇野昌磨の海外の反応!アメリカからはこんな声も!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP