未分類

日本代表、悲願のベスト8ならず。それに対するネットの意見は?批判?それとも歓喜?

史上初のベスト8のかかった決勝トーナメント
日本代表VSベルギー代表。

FIFAランク3位の格上相手に前半スコアレスドローで折り返し
後半に原口の先制点、そして乾の追加点で優勢にたった日本代表。

しかし、ここから「赤い悪魔」が牙をむく。

立て続けに得点を奪われ、あっという間に同点に追いつかれた日本。
だが、幾度となく訪れるチャンスを決めきる事ができず
アディショナルタイムにまさかの逆転を許し、試合はそのまま終了。

後半、原口に代わり本田が投入されフリーキックのチャンスに
本田の代名詞、無回転シュートも枠内に放つが相手キーパーの好セーブに阻まれる。

日本はあと一歩の差で悲願のベスト8の夢は叶わなかった。

ベルギー戦で魅せたモノ

 

W杯前は下馬評と言われた日本代表だが、この試合で日本が見せた内容は大きなモノだった。

まずは、強豪ベルギー相手に先制、追加点で2点リードしたこと。
この時点で世界は驚いたことだろう。
そして、我々も日本のベスト8が夢ではなく現実になる予感がした。

そのリードを守り抜くために守備陣が見せた体を張った守り。
GK川島のスーパーセーブ。

同点に追いつかれた時点でも、焦ることなく攻守共に果敢に闘った。

結果としては逆転負けをしたが、それでも日本代表が魅せた闘いは決して批判されるものではない!!
最後まで諦めない姿。強豪相手にも臆することなく立ち向かっていく姿に胸を打たれた日本国民は多いのではないだろうか。

最終的には悔しい結果となったが、世界に誇れるサムライブルーを魅せてくれたといって過言ではないだろう。

世界との差

一度はリードしたものの、最後の最後で逆転されてしまった。
そこがW杯の厳しさ、ベスト8の壁、世界との差だろう。

猛攻を仕掛けてくるベルギーに何度も体を張って守った日本だが、一瞬の遅れ、そこをベルギーは見逃さず
カウンターで逆転弾を決められた。

中盤の時間帯にも、パス回しのミスでボールを奪われシュートまで持ち込まれるシーンもあった。
強豪チームは、そういったミスを見逃さない。
一つのチャンスを得点に繋げる。これが強豪チームだ。

しかし一方で世界との差が縮んだと思われるシーンもあった。
柴崎のスルーパス、香川のテクニック、そして強豪相手にも得点を奪える力。
これは今後日本のストロングポイントになってくるだろう。

日本代表にはまだまだ可能性がある。
悔しさ、期待、感動、様々なシーンを魅せてくれた

ネットの意見

今後の日本代表

日本のW杯が終わり、次に待っているのは2019年アジア杯だ。
そしてその先には2022年W杯の予選が幕を明ける。

今大会が最後だと言っていた本田はどうなるのか。
サポーターとしては、2022年カタール大会でもピッチに立っている本田を見たいと望む。

そして西野監督は代表監督を継続するのか。

今後も、「半端ない」日本代表を応援したいと思う。

そして、今大会ベスト16に終わった日本代表。
試合終了には涙を流していた選手。

ぜひ、胸をはって堂々と帰国してもらいたい。
日本サッカーファンに、大きな夢を与えてくれた。
そして夢を見させてもらった2018サッカーW杯ロシア大会の日本代表だったといえるだろう。

関連記事

  1. ネリの強さとは?井上尚弥との対戦は今年中か

  2. マクドネルvs井上尚弥のリーチ差10cm以上はどれくらい影響ある?

  3. アイボリッシュの真っ黒フレンチトーストは何が入っている?評判まとめ

  4. 羽生結弦のプーさんシャワーに海外の反応溢れる!

  5. 大谷翔平の海外の反応!メジャー行きは本当に歓迎されているか?

  6. マーガーバーガーの評判やおすすめメニューは?セブンルールで話題沸騰!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP