野球

セ・リーグの中継をネットで見るなら?最高の視聴方法は!?

いつも閲覧から御読了までありがとうございます。
今回お送りするのは近年話題のスカパー、WOWOWの後続有料放送DAZN(ダゾーン)と日本のプロ野球セントラル・リーグ(セ・リーグ)についてです。
やはり有料放送といえばジャンルこそ大手には引けを取りますが、特筆すべきはその特化したラインナップ。
ということでさっそく見ていきましょう。

DAZNのラインナップ

言ってしまえばDAZNのラインナップは超特化型です。
そしてその中継ジャンルはスポーツの一点のみ。
ですがサッカー、ボクシング、水泳、野球、キックボクシング、スカッシュ、アイスホッケー、ダーツ、馬術、F1、自転車競技、モータ-スポーツ、テニス、ラグビー、アイスホッケー、バレーボール、総合格闘技、フィッシング、バスケットボール、陸上、卓球、アメリカンフットボール、ビリヤード、レスリングと総種目数24種のスポーツ中継を放映しているのです。
その中でもただジャンルを増やすのではなく、海外リーグまでピックアップしている点にあります。
DAZNの魅力は月額料金だけでコンテンツ見放題という点と、9台のカメラを駆使した統一アングルによって映し出されるJ1リーグの中継。他にもハイライトだけではなく見逃し配信なんかも30日までなら見放題。

それでいてその月額料金は1,750円と超お得。スポーツだけを見たいという人にはぜひ一度その快適さと質の良さを感じていただきたいものです。

DAZNとセ・リーグについて

DAZNで配信しているセ・リーグ中継で、中日ドラゴンズ主催の公式戦は、一部の巨人戦を除く61試合だけとなりますが、それ以外の5球団(広島カープ、読売ジャイアンツ、DeNAベイスターズ、阪神タイガース、中日ドラゴンズ、ヤクルトスワローズ)の試合は全試合見逃し配信有りで中継します。
だから試合がブッキングした場合も見逃し配信で視聴可能!!
好きな時間、好きな場所で、好きなだけ見れるという点で絶対的な環境を整えているのがDAZNなのです。セ・リーグ最大3試合同時なんて日にこれで安心ですね!!
そして現在はこの30日間の見逃し放送ですが、その期間を90日~120日に引き延ばすことも検討中の様です。
ともなれば、キャリアハイを迎えた選手の活躍なんかも遡ってみることが出来るわけです。
これは昨年までDeNAと広島の2球団のみの配信から、一気に飛躍を遂げた成長の現れとも取れます。
2球団配信→11球団配信。これはもうDAZNとしてのキャリアハイですね!笑

ネットの声

スポーツ好きの間では必須のDAZN。
その声は若い層から往年の層まで多岐に渡ります。
DAZN最大のメリット、スマホ視聴などが良い例です。

「DAZN一つあればスポーツ視聴に困ることはない」30歳男性
「固まると言っている人は、もう少しスペックの良い機種に替えるといい。俺のサクサク動くよ」20代男性
「コアなスポーツにも焦点を当てているのが嬉しい」20代女性

などスマホとなると改善点としてやはり『固まる』という点のようです。

中継は特に激しい動きなどの処理落ちで、画面全体がチラつくということはよくありますからその点を考慮して機種自体のスペックを高く保つことも作戦の一つと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
前半はDAZNというものについて、後半はDAZNとセ・リーグ中継について触れてきましたが、なんとなくDAZNというものがご理解いただけましたでしょうか。
少しでもこの魅力が伝わったのであれば幸いです。
また、これからも発展していくDAZNの将来性・信頼性は間違いないので、ぜひぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか!!
ということで、今回の記事を締めさせていただきたいと思います。
また次回でお会いしましょう!!

関連記事

  1. 斎藤佑樹、誕生日も5失点からの降雨でノーゲーム。それに対するネットの声…

  2. エンゼルス大谷翔平タイムリーヒットでオープン戦打者デビュー!動画と反応…

  3. サーシャバジンコーチの画像と経歴!大坂なおみ飛躍の理由が分かった!

  4. 村田諒太のビジョントレーニングってなんだ?「あ、だからパンチをよけられ…

  5. 貴乃花親方が怪しい!なぜこのような行動を?反応まとめ

  6. ショーン・ホワイトのスノーボード技!人間離れした3つを紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP