未分類

日本がW杯決勝トーナメントで打つ戦略と勝ち目は!?ネットの意見と併せて予想!!

決勝トーナメント進出をかけた日本VSポーランド戦。
結果は0-1で敗北したが、セネガルとのフェアプレー対決になり
イエローカードの差で日本が決勝トーナメント進出を果たした。

スタメンを大幅変更

セネガル戦から6人を入れ替えてきた日本代表。
この入れ替えにはどういった意図があったのか。

個人的には初戦のコロンビア戦での、コロンビア側の采配ミスを連想した。
中3日での試合だったので体力温存もあったのか
本田、香川、長谷部など主力メンバーをサブにおき挑んだポーランド戦。

どんな狙いがあったのかは分からないが、敗北してしまった以上采配ミスにも思えたメンバーだった。
パスはカットされ、個人技で突破しようとした武藤も簡単にボールを奪われカウンターの危機に繋がる。
守備陣のパス回しも、スピードが遅く相手のマークを外せずチャンスを作れない。
はたしてこのスタメンは正解だったのか…

ギリギリで決勝トーナメント進出をはたした日本代表だが
ここからは負けは許されない。

どんなスタメン、またどんな選手交代になるのか注目したい。

試合内容、そして2位通過がもたらす意味

まずポーランド戦で活躍したのはGK川島だろう。
コロンビア戦に続きセネガル戦でも不甲斐ない結果に終わった川島は
ポーランドのシュートを何度も好セーブした。

この好セーブのおかげでなんとかフリーキックの1失点に抑えることができた。

しかし問題は攻撃陣にあった。
攻撃の要となるボランチの位置にいた柴崎が、いいポジションでボールを受ける事が少なく
得意のスルーパスや逆サイドへの大きな展開もなかなか通らないシーンが続いた。
ポーランド側の守備陣も最終ラインには2人しかいなく、日本にとっては比較的チャンスが生まれやすい状況にあったにも関わらず
個人技でもパス回しでもなかなか突破できない。

やはり攻撃陣には本田、香川が必要なのではないかと思わざる得ない。

そして失点をしこのままではグループリーグ敗退となる日本は、大迫、乾を投入するも
思うようにパスが繋がらずチャンスが生まれない。
相手は敗退が決まっており、引き分け以上で予選突破と好条件にも関わらず
日本は最後まで自分たちのリズムを作れずにいた。

そして同時刻に行われたコロンビア対セネガル戦で、後半にコロンビアが先制したことで大きく展開が変わることになった。
そのままコロンビアが勝てば日本はフェアプレーでセネガルを上回り予選突破の可能性がでてきた試合終盤
日本はこれまでにない作戦にでた。

ボールをキープしそのまま試合を終わらせ、フェアプレーでの予選突破にかけたのだ。
もちろんこれも「戦術」の一つではあるが、応援しているサポーター達、そして何より選手達は不本意な形だろう。

それでもなんとかグループリーグ突破を果たした日本代表。

ここで注目したいのは、2位通過ということ。
グループGの1位通過をした相手と戦わなくてはならない。
その相手はイングランドを破ったFIFAランク3位のベルギー代表だ。
厳しい戦いを強いられることとなるだろう。

決勝トーナメントに向けて

グループリーグ全試合が終わり、これで決勝トーナメントの全カードが出揃った。
どんな形であれ、とりあえずのグループリーグ突破をはたした日本代表。
しかし、あくまでグループリーグ突破は通過点。

仮にベルギーに勝ったとしてもその先に待ってるのは、ブラジル対メキシコの勝者。

まさに、ここからが本当の死闘のはじまりだ。

「勝利」のみでしか次に進めないトーナメント。
日本代表はこれまで2度決勝トーナメントに出場をはたしているが、どちらもトーナメント1回戦で敗北している。

ポーランド戦の内容、結果をうけてどう修正してくるのか。

まだまだ熱い戦いは続く。

関連記事

  1. カウントダウンジャパン2017の混雑はヤバイ!その対策と注意点について…

  2. ががばばでウシロウシロって本当に後ろを見た?仕掛けがあるよ!

  3. 【2018年新人王候補】東克樹、ハマのペンギンの猛威!!ネットの意見は…

  4. 安室奈美恵のライブはテレビで見る方法ある?NHK特集絶賛の声もまとめて…

  5. 村田諒太の次戦初防衛相手は誰?予想まとめ

  6. ステファン・カリーのシュートの正体を探るため彼の過去に迫る!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP