未分類

ワールドカップ2017速報平野美宇メダルに届かず! なぜ?n

ワールドカップ2017カナダ大会で、準々決勝で陳思羽(台湾)に4―0で快勝して4強入りした平野美宇は準決勝で、
中国劉詩ブン(世界ランク4位)にストレートで敗れ、銅メダルをかけて、タイペイの鄭怡静(世界ランク10位)との対戦したものの
これにも敗れて、1回戦で敗退した石川佳純とあわせ日本勢はメダルなしとなった。なぜこのような事態となったのか?

ワールドカップ2017速報平野美宇メダルに届かず! なぜ?

昨年中国勢が出場しなかったとはいえ、この大会で優勝を遂げ、その後のアジア選手権で、上位3名の中国選手を打ち破り、
中国卓球界に衝撃を与えた平野美宇であった。しかし、徹底した平野対策を施した中国の壁を突き崩せなかった。

決勝は中国勢同士、平野を破った劉詩ブンと朱雨玲で行われており、金メダルは中国が勝ち取ることになった。

準決勝
平野美宇0-4劉詩ブン

3位決定戦
平野美宇2-4鄭怡静

本大会の結果(2017/10/30 10:05現在)は以下である。

上位選手の結果一覧

オランダ、ルーマニアなども中国選手に敗れ、2回戦敗退となっている。

中国は、着々と平野対策を行ってきた。

平野と同タイプの自国選手に平野のプレーを模倣させ、4人のコピー選手を作り、
このコピー選手を相手に、中国のトップ選手たちは平野対策を練ってきた。

その効果はすぐ現れ、5月世界選手権で、丁寧 (中国)が平野美宇に4-1で勝利、6月ジャパンオープンで、準々決勝で、
陳夢 (中国) が平野美宇に4-0で勝利するなど、短期間で、平野攻略に着々と成果を上げています。

まとめ

今回の結果で、中国は平野対策を含めた日本対応にさらに自信を深め、
逆に日本は東京オリンピックにむけて、戦略の見直し、再構築を急がれる結果となりました。

コーチ陣を含めた日本選手の一段の奮起が求められます。

■関連記事
平野美宇はワールドカップ2017で中国勢を撃破できるか?放送予定と視聴方法はこれ!

関連記事

  1. 若者の海外旅行離れの理由はこれだった!?反応まとめ

  2. アンソニージョシュアはワイルダー以上!?戦績をまとめてみた

  3. Facebookオワコン化が加速!個人情報流出事件のヤバさを分かりやす…

  4. 朝青龍のツイッターが面白いし貴乃花親方への苦言も興味深し

  5. アラフォークライシスとは?「冷遇取り残され世代」「どの世代でもある言い…

  6. ラモスの解説が日韓戦で炎上!「言いたいこと言ってくれてる」「不愉快!」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP