相撲

阿武松部屋の力士一覧と理事選挙で有利な理由は?

阿武松部屋の力士一覧と阿武松親方が理事選挙で有利な理由をまとめていきたいと思います。
2月2日に相撲協会の理事選が行われますが、現在貴乃花親方よりも阿武松親方の方が有利と見られているようです。
いったいなぜなのでしょうか?早速見ていきましょう。

阿武松部屋の力士一覧と理事選挙

まずは、阿武松部屋の力士一覧を見てみましょう。

幕内
西小結 阿武咲
幕下
西幕下十八枚目 阿夢露
東幕下二十六枚目 武政
西幕下三十一枚目 蘇
東幕下四十四枚目 慶天海
三段目
東三段目六枚目 篠原
西三段目十八枚目 若山
西三段目六十九枚目 鐵雄山
東三段目九十三枚目 滝口
序二段
東序二段五枚目 勇磨
西序二段六枚目 阿光
西序二段四十一枚目 天津
東序二段八十八枚目 千田
序ノ口
西序ノ口十三枚目 鳴海
東序ノ口十四枚目 光内
西序ノ口十九枚目 光宗

以上が阿武松部屋の力士一覧になります。
阿武松親方は貴乃花一門に所属しているわけですが、現在一門内では理事選挙に出馬する候補者を一本化できず、貴乃花親方派と阿武松親方派で分裂してしまっているようです。
そして、今のところ貴乃花親方よりも阿武松親方の方が理事選挙において有利であると言われています。

いったいなぜ阿武松親方の方が有利なのでしょう?
以下でその理由を見ていきましょう。

阿武松親方とは?なぜ有利?

まず阿武松親方とはいったい何者なのか、知らない人も多いかと思いますので簡単に説明していきます。
阿武松親方は、押尾川部屋に所属していた元力士で、四股名は益荒雄
最高位は西関脇で、白いウルフと呼ばれ華々しい活躍をしたものの、怪我が多く幕内在位期間がかなり短い力士でした。

引退後は押尾川部屋の部屋付き親方として角界に関わっていましたが、その後自分の部屋を持ちたいという思いが強くなったことから、阿武松部屋を創設し、現在阿武松親方として力士の指導を行っています。

そして、なぜ阿武松親方の方が貴乃花親方よりも有利なのでしょうか?
その理由は、現在11人が所属する貴乃花一派の中で、貴乃花親方を支持するのは自身を含め5人、一方阿武松親方を支持しているのが自身を含め6人と、1票差で阿武松派の方が勝っているからとのこと。

これらはすべて関係者の話を総合した上での推測のため、本当に阿武松派の方が優勢なのかはわかりません。
しかし、貴乃花親方の持ち票5は候補者中最も少ない数で、もしこのまま2名の候補者を擁立し理事選挙になれば、貴乃花親方が勝つことは難しいでしょう。

ネットの反応

阿武松擁立は予測の範囲内だったのでは?
相撲界を良くしてくれる人に理事になってほしいけど政治力で決まるのかな
貴乃花親方に関するマイナス報道はいつも出所が曖昧
この時期に分裂するくらいなら貴乃花バッシングがひどかった時にすでに分裂してる
貴乃花は好きじゃないけどやってることは正しいと思うから頑張ってほしい
これまでの貴乃花の行動を見ていると自分の地位にこだわらず動きそう
貴乃花は毎回危ぶまれながらも当選してる
八角一派の仕掛けか?
名前の出ない関係者の話じゃ信用できない
貴乃花親方の笑顔を見る限り問題はなさそう

出典:https://goo.gl/1LvTTt

貴乃花一門分裂で阿武松派有利に対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

阿武松部屋の力士一覧と阿武松親方が理事選挙で有利な理由をまとめてみました。
貴乃花一門の分裂で阿武松派の方が人数が多いためのようです。
情報の信憑性にも問題があるかもしれませんが、本当なら持ち票の少ない貴乃花親方はかなりピンチということになります。
いったい理事選挙はどうなってしまうのでしょうか?

The following two tabs change content below.

小汰郎

Sports FlyHigh編集長Surprizz Infinity株式会社
スポーツFlyhighの編集長。好きなスポーツは野球だけど致命的な運動音痴のため10代でプレイヤーを引退。紆余曲折有り今ではスポーツ系のメディアで編集長を務める。一番好きな野球のシーンはWBC決勝のイチロー決勝打。

関連記事

  1. 貴ノ岩事件の真相はいったい何か?中間報告から整理をしてみた結果

  2. 日馬富士引退は妥当か?事故の前回から相撲協会の体質が問われるn

  3. 稀勢の里引退かの声!怪我の本当の具合と反応まとめn

  4. 貴ノ岩ビール瓶で殴打されたのは本当?関係者の証言まとめ!

  5. 白鵬を引退に追い込むかのごとくワイドショーが今度は一斉に白鵬叩きに!

  6. 白鵬黒幕説?推理がその方がしっくりいく?貴乃花親方の狙いも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP