未分類

ハリルホジッチ監督の通訳者の経歴は?インパクトありすぎる!

ハリルホジッチ監督に通訳者が2名ついていますね。どちらもなんだかキャラが濃そうな人で
見た目だけで非常にインパクトありますね。
それにしても昔からそうですが、監督が怒れば、通訳者も怒ってそれを伝えてと、第3者が見ていると時々わらってしまうところも
ありますよね。
今回はハリルホジッチ監督の通訳者について経歴とかを調べてみました。

ハリルホジッチ監督の通訳者の経歴は

ハリルホジッチ監督、今回ドローだったハイチ戦では激高でした。
「ブラジルなら10点とられていた!」
「メンタルが弱い選手がいる!」

外国人は感情表現が豊かな人が多いです。
歴代外国人監督もやっぱりそれくらいじゃないと伝わりませんからね。
そして、さらにそれを伝える通訳者も重要。

ちなみにハリルホジッチ監督はボスニア・ヘルツェゴビナ出身ですが、フランス語で通訳していますね。

いかに監督が言っていることを選手に感情も一緒に伝えるか?大事ですね。
言葉って、ちょっとの違いで差がでます。イントネーションとかでも。

2人いまして交代制でやっていますね。

2年以上勤めている、樋渡群さんと、羽生直行さんが3月からやっています。

▶樋渡群さん

インパクトありますね~。調べてみると樋渡さん自体も監督経験とかあるみたいです。
貫禄ありますよね。

樋渡群(いわたし ぐん)さん
年齢:37歳?
出身:東京都立大学経済学部(現、首都大学東京)
資格:JFA公認A級ライセンス
:フランスサッカー協会公認指導者ライセンス
大卒後:パリサンジェルマンU12の監督経験
2006年~:JFAアカデミー福島、熊本宇城で通訳兼コーチ
2009年~:男子U14、U15日本代表監督
2012年~:女子U18日本代表監督

▶羽生直行さん

こちらもインパクトありますね~。スキンヘッドの時も多いです。

年齢:41歳(2017/10時点)
1996年~2002年:清水エスパルスで通訳担当
2003年~2005年:東京ヴェルディで通訳担当
2008年~:ジュビロ磐田で通訳担当
2014年~:アギーレ監督で通訳担当
言語:スペイン語・英語・ポルトガル語

羽生さんは最近フランス語を獲得したらしいです。
「まさかフランス語を話せるなんて」
「なんでもできるな」
と話題ですが、さすがに短期間で身に着けただけあって、詳しい人に言わせると初期に「少し間違いがあった」とされるようです。
でもすぐに修正していくでしょう。

通訳は優秀じゃなきゃできないですよね。

通訳へのネットの反応は?

意外と通訳批判もありますね。
ハリル氏もそんなに気を遣うタイプではないようですから、通訳さんも大変ですよね。

通訳を突き飛ばし?

8月には樋渡さんが抗議でつめよるハリル氏を制止したところ、振り払ったのを突き飛ばしたとネットで話題になりました。
ああ、通訳さん大変そう…とこの時はすごく思いましたね。

まとめ

通訳さんはやはり優秀な経歴の持ち主であることが分かります。
監督を制止したり、監督の感情を選手に伝えたり
選手との橋渡しの存在として、非常に重要であります。

それにしても、今回2人とも、画が強い通訳者で
すごくインパクト強いです。
是非、サッカー日本代表の飛躍に貢献して欲しいものであります!

関連記事

  1. 若者の海外旅行離れの理由はこれだった!?反応まとめ

  2. 本橋麻里がにぎるカーリング女子オリンピック決勝トーナメント初進出の条件…

  3. 大統領専用リムジンの車種とその装備機能一覧!「戦車だ」「ぶ厚い」

  4. 神奈川県座間市の治安は?具体的な数字を比較して分かること!

  5. ななつぼし!お米の炊き方も工夫したら最高のマツコCMのアレ!

  6. ボルトのサッカーの実力!動画とネットの反応で分かる将来性!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP