野球

2018年、ズバリ、巨人の今年の順位をネットの意見も交えて予想!!

今回お届けしますのは、ズバリ今年2018年の巨人の順位予想です!!
プロ野球という長い歴史の中で苦しむ今年の巨人軍。その課題となる点、秀でた点を挙げていき、最後に予想順位を公表したいと思います。
皆さんの予想は何位でしょうか。それではさっそく迫っていきましょう。

鍵を握るのは新戦力!?

今季一軍は投手・野手を合わせて35人が選ばれました。
その中には菅野智之・坂本勇人や主力組にFAで西武から加入した野上、新外国人助っ人ヤングマン。
今季ドラフトで獲得した2位の岸田、5位の田中、6位の若林。さらに社会人枠から3選手。
育成枠から成瀬、松原の2選手が選出されました。
また昨シーズンで事件を起こしてしまった山口も一軍スタートとなりました。

いつもの顏触れからは石川、立岡、亀井、沢村、内海が二軍スタートという形で迎えました。
ドラフト1枠の鍬原(くわはら)はコンディション不良で、杉内は三軍スタートとなっています。
この競争社会であえて新人を一軍に起用し、今までの主軸選手を二軍に落とすという斬新さを見せました。
鍵となるのがこれらの新人という駒が、活躍を見せることにあります。

新人による活躍が、二軍にいるベテラン達の良い刺激となれば、否応なしに自分を追い込む形になり、結果として危機感が生まれます。
DeNAも形は違いますが、良い例です。
調子の悪い主軸選手をどう復調させるかが最も重要な課題であり、その答えとして新人の抜擢・覚醒。
それにプラスしてのスタメン入れ替えという危機感。

この2つが化学反応を起こすことで、主力投手がいない今も上振れ状態を続けています。
巨人は比較的、ベテランをFAで獲得したり社会人選手でキャリアの多い選手を即戦力として獲得する傾向が強いです。

別の角度から見れば、育成にあまり時間を取りたくない。という意志の現れでもあります。
この現状で育成という選択肢を捨てるとなれば、ベテランへの刺激しかありません。
ですが、ベテランの実績は折り紙付きなので成功した時の見返りは大きいでしょう。

それらを踏まえての順位予想

ズバリ、現実的・客観的な視点から見てリーグ4位です。
これは周りのチームの強さ・調子なども加味しての予想ですのであしからず。
重要になってくるのは投手陣。特に菅野の調子次第というのが大きいかと思われます。
現時点で失策の多い巨人軍ですので、冷静で且つ好調な状態の菅野がどれだけ投げれるかに左右されます。
元々完投型であるため、依存性が高い結論になりますが、現時点で失策問題を解決する答えとも言えます。
いずれにせよ打てなければ得点出来ず、守れなければ点を与えてしまいます。

ネットの声

現在の下馬評として、巨人が3位以上に期待されている声は少ないです。
やはりオープン戦から開幕までの流れが影響しているのかもしれません。
かといって、日本代表で選出されているメンバーが多いという点からも爆発力はあるかと思います。
平均年齢が高い為、持久力には難が考えられますが、基本的なトータル力はあります。
そんな中でも「菅野次第」「高橋采配次第」といったキーマンの名が多くあがっている事も特徴的でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
巨人ファンの怒りを買いかねない若干の怖さが残るものの、妥当な線ではないでしょうか。
まだ5月でこの先のシーズン状況は全く読めませんが、結果次第では一気に順位が転じる可能性もあります。
これからの巨人の試合に注目し、またこれから起用されていくであろう新人選手の活躍に注目し、今後の動向に目を向けていきましょう。
ということでズバリ、巨人の今年の順位予想でした!!次回も乞うご期待下さい!!

巨人戦をネットで見るなら

巨人戦をネットで見る方法があるんです!

それがこのDAZN!
DAZNなら見逃してしまった試合も、
リアルタイムで進行している試合も全てネットで視聴が可能です!

更に今は期間限定でトライアル期間中は無料で試せます!

この機に是非一度DAZNを試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 井上尚弥の戦績最新をまとめてみた!現在PFP7位のその実力は?

  2. 高木美帆のスピードスケートのコーチはオランダ人!なぜ最高の結果を実現で…

  3. 皆が知らないイチローの名言集とその真意

  4. ポーランド戦直前!日本代表、決勝T進出をかけた戦い!今日の見所は?決勝…

  5. 井上尚弥の髪型ツーブロックに賛否両論!初めてこの魅力を知る人も…

  6. 【エル・クラシコ】伝統という名の一戦【2018年放送日決定】の歴史

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP