未分類

台風21号がヤバイ!東京への影響と過去最大の被害事例n

台風21号2017が10月22日ごろ、日本列島直撃の予想で「ヤバイ」という声がネットに溢れています。
これは予想図を見れば明らかで、本州に、非常に強そうな台風が直撃する画があるからです。
もし、東京へ台風が上陸する場合影響はどういったことが考えられるのでしょうか?
過去の最大被害事例とともに見ていきましょう。

台風21号がヤバイ!東京への影響は?

台風21号は文字通り「ヤバイ」と思って、危機感をもって準備した方がよさそうです。
もちろん予想が変わることはありますが、以下のヨーロッパ中期気象センターの予想を見てもわかりますように
他の気象センターの数字も中心付近の最大風速が50m/s前後で上陸する可能性もあるようです。


出典:https://goo.gl/fFxVps

上記は22日午前中の予想となりますので、衆議院選挙どころではありません。(確実に期日前投票が必要ですね)

東京も見るからに濃い緑(勢力が強い)雲の下にあります。
暴風域であるため、覚悟が必要でしょう。

ちなみに23日もそこまで大きく動いていません。


出典:https://goo.gl/fFxVps

1日半くらいの長い時間覚悟しなければいけないくらいヤバイ可能性が今のところあるということです。

東京の過去最大被害は?

東京にももちろん過去に台風が上陸したことはたくさんあります。
その中でも死者数が一番多いのは、2013年10月の台風26号で、死者36人、行方不明4、住家全壊46、半壊40)となっています。
が、大島の被害がほとんどです。

東京23区の被害は調べると
1993年8月の台風11号時に、一部損壊3戸、床上浸水826戸、床下浸水3312戸、という数字が一番大きく
次いで
2005年9月お台風14号の間接的な影響で、床上浸水2349戸、床下浸水2129戸という記録が残っています。

死者こそ出ていないものの、被害受けたら家がもうダメになったところも出ていたでしょう。

ネットでも危機感が

週末は一気にクローズアウトし、関西付近に上陸か!!!関西~東海エリアでは大変危険な台風の上陸になりそうです。また、超大型の台風になる可能性も十分にあるので、最新の台風情報を今日から毎日要チェックです。今朝(10/17)の予想では、台風…

加藤 道夫さんの投稿 2017年10月16日(月)

まとめ

東京への影響も大変なことになりそうです。
「猛烈な台風」という分類だと、トラックが横転し、古い家屋でしたら倒壊することもあり得るレベルだと書いてあります。
ですので、外にでないのは当たり前で、(23日なんかは多くが休校になるのでは?あるいは午後通学など)
また、外にものを置かないことも大切です。他の方に迷惑をかけるようなものが飛ばないようにしなければなりません。

また、排水がされやすい状態か?雨どいは大丈夫か?などもチェックしておいた方がいいでしょう。
そして1階の人は、地域によっては土嚢の用意を。無料で貸し出しているはずです。
ハザードマップを用意しておきましょう。

私も2,3日外に行けなことを前提に買いだめをたくさんしておこうと思っています。

台風は突然くるものではなく、何日も前から来るとわかっているものですので、きちんと対策をして
対応していきたいですね。

予想が変わることを願いつつも、準備を怠らないようにしたいです。

関連記事

  1. 平昌(ピョンチャン)五輪ボイコット米国もありうる?開催危機ニュースが増…

  2. ひな祭りの飾りはいつまで飾る?おしゃれな手作りとともに紹介!

  3. ダニエル太郎の次戦と視聴方法!ジョコビッチから金星のコメントで震える

  4. 清宮幸太郎が甲子園とその後に魅せた軌跡

  5. スタバ福袋2018の個数と当選確率について!転売対策で1つ心配な点

  6. 栃ノ心のまわしが緩いのはなぜ?一部で物議に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP