未分類

設楽悠太の腕につけたものは何?啓太との見分け方は?

2月25日に行われた東京マラソンで設楽悠太選手は日本記録を出しました!
その際に気になったのが、後半設楽悠太選手が腕につけていたものです。
少し走りづらそうにも見えましたが、いったい何なのでしょうか?
また、双子の兄弟啓太選手との見分け方も合わせてまとめていきたいと思います!

設楽悠太の腕につけたものは何?

設楽悠太選手が東京マラソンで腕につけていたものは何なのでしょうか?
こんな感じのものです。

右腕に何かを巻いているのがわかりますね。
似顔絵か何かに見えますが、いったい何なんでしょう?

腕につけたものの正体を調べてみたところ、どうやら家族からのメッセージが書かれたワッペンのようです。
設楽悠太選手の似顔絵が描かれたワッペンに「LAST FIGHT」と家族からの応援メッセージが添えられています。
これがドリンクにつけられていて、後半これを腕につけて走っていたようですね。

走りづらそうにはしていましたが、やはり家族からのメッセージは力を与えてくれたのでしょう。
設楽悠太選手は見事日本新記録を樹立しました!
家族の愛を感じるすばらしいエピソードだと思います。

正直てっきり心拍データをはかったりする最新のものかと思っていました..。

設楽啓太との見分け方は?

もう一つ気になるのが、双子の兄である啓太選手との見分け方です。
双子はやっぱりそっくりなので、周りの人間は2人を見分けるのに苦労します。

かつて日本にマラソンブームを巻き起こした宗兄弟も双子で、その見分け方が話題になっていましたね。
宗兄弟は利き手が逆といった見分け方をしていたようです。

そして、設楽兄弟の場合ですが、なんと設楽兄弟もそれぞれ利き手が異なっているようです。
兄の啓太選手が左利きで、弟の悠太選手が右利きとのこと。
とはいえ、利き手なんていつでも見分けられるわけではないですし、悠太選手は啓太選手の影響で腕時計を右側にするようなので、見分け方としては微妙です。

もう一つの見分け方として、悠太選手は右の口角が上がり気味というのがあります。
兄の啓太選手は口角がまっすぐですが、弟の悠太選手はなぜかいつも口角が少し上がっているのです。

たしかに、右側が少し上がり気味に見えますね。
これならかなり見分けやすいですし、顔なら映らないこともないのでパッと見分けられそうです。
それにしてもご家族はどうやって2人を見分けているのでしょうね。
家族だとやっぱり雰囲気でわかるものなのでしょうか、一度聞いてみたいですね笑

ネットの反応

設楽くんの腕につけてたやつかわいい
設楽くんの腕についてたのは家族の手作りだったんだねー
設楽選手腕に何をつけて走ってたんだろ
腕につけてたやつみんな気になってる
給水から腕に付けたやつ何か意味があったのかな
途中から腕に付けてたのって似顔絵?
何がついてたのかわからなかったけどきっと大切なものなんだと思う
腕のやつつけなかったら少なくとも3秒は縮められたんじゃ?
お守りみたいのつけて力にしてたね
腕にメッセージみたいなのつけてあんなに速く走れるなんてすごい!

出典:twitter

設楽悠太選手が腕につけたものに対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

設楽悠太選手が腕につけたものの正体についてまとめてみました。
どうやら家族からの応援メッセージだったようですね。
また、兄の啓太選手との見分け方は、悠太選手の口角の上がり具合を見ると良さそうです。
今後も兄弟で活躍を続けてほしいですね。

■関連記事

設楽悠太日本新の1億円の褒賞制度とは?これまでに該当者は?反応まとめ「鼻先に垂らしたニンジン・・」「一時所得?雑所得?」

The following two tabs change content below.

小汰郎

Sports FlyHigh編集長Surprizz Infinity株式会社
スポーツFlyhighの編集長。好きなスポーツは野球だけど致命的な運動音痴のため10代でプレイヤーを引退。紆余曲折有り今ではスポーツ系のメディアで編集長を務める。一番好きな野球のシーンはWBC決勝のイチロー決勝打。

関連記事

  1. 西武ライオンズのジュニアチーム!一体何がそんなに話題なの?女の子がキャ…

  2. カカ引退の理由と反応まとめ「突破力はNo.1」「1つの時代の終わり」n…

  3. 広島カープの開幕戦テレビ放送予定は?ネット中継でも見れる時代!

  4. 田中力がNBAで目指す場所

  5. たまごっち復刻版の値段と予約方法まとめ「高いな~」「スマホでいいかな」…

  6. ががばばの意味を深堀りした4つの説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP