未分類

マンドラゴラ(マンドレイク)って何?分かりやすく言い伝えと連想するものをあげてみた!n

マンドラゴラ、もしくはマンドレイクって何?どこかで聞いたことがある?
という人が多いのでは、モンストやハリーポッターなど、ゲームや映画。さらにはロックバンドの名前でもあります。
よく使われるこの名前は実在する植物なのですがその言い伝えも面白いです。(といっても毒性なので面白いというのは不適切かも)
とにかく、ネットを見るとなんだか分からないという人も多いので、
分かりやすくまとめて見ましょう。

マンドラゴラ(マンドレイク)って何?

マンドラゴラ(マンドレイク)って何?と言う答えは、まずは単純に「植物」であり見た目は以下。

マンドラゴラ(マンドレイク)は見た目は綺麗な花を咲かせる植物ですが、以下のような特徴があります。
まず現実的なところを見ましょう。

・地中海地域から中国西部にかけてに自生
・ナス科
・大昔は薬草として鎮痛薬、鎮静剤、瀉下薬(下剤・便秘薬)で使われていた
・魔術や錬金術の原料として登場することも
・今は薬草としては使われない。毒性が強いためだ
・根茎がモノによっては人の形をすることも
・根に含まれる神経毒は幻覚・幻聴をもたらし、場合によっては死に至らしめる

これがマンドラゴラ(マンドレイク)の現実的な話。
このように毒性を持っているし、根っこがモノによって人の形をしていることから
様々な「ネタ」として扱われるようになったのです。

次に言い伝えについて見ていきましょう。

マンドラゴラ(マンドレイク)の言い伝え

以下は言い伝えであって、この言い伝えが実際のことを分かりにくくさせているのですね。
もちろん上記のように特徴的であれば、映画やゲームのキャラなんかに使いたくなりますよね。
格好のネタと言えます。

一般的な言い伝えは以下

・根っこが人にそっくりなものもあり画像が拡散されたことも
・根っこが複雑なため引き抜くのが大変。無理やり引きちぎるように抜くと、かなり音がする。
その音が伝説のマンドラゴラの叫び等と言われ聞いたものは死ぬなんていう話が出回った
・完全に成熟すると、地から這い上がり、独自で徘徊しだす。容貌はゴブリンやコボルトに似て非常に醜い
・昔カルタゴの戦いにて、ワインに毒を入れ敵軍を全滅させたという伝承もある
・ツタンカーメンの墓や、聖書にも記述がある
・シェイクスピアにも登場

と、言い伝えから今ではゲーム・小説、あらゆるものに「恐ろしいもの」「植物の人間化」のように描かれている。

ネットの反応

マンドラゴラ(マンドレイク)と聞いてのネットの反応を見ると、皆がどのようなイメージを抱いていたか
この言葉を聞いて何を思い出したか分かり面白いです。

たくさんありますね。
今ではかわいいものまで(笑

まとめ

ということで、マンドラゴラ(マンドレイク)についてまとめました。
とにかく、毒性のある人型の値を持ったものということで、そこから派生していろんなわけのわからないキャラになってしまったという感じですね。
これはネタにしたくなるほど強烈な性質ですね。

これは兵庫のイングランドの丘という植物園で咲いたということで
そこらへんにあるものではありません。
そこらへんに咲いていたら子供たちが何をするかわからなく危険ですよね…。

関連記事

  1. 内田篤人は復帰後の鹿島アントラーズで活躍できる?予想の声まとめ

  2. 【新人王候補】高橋昂也、甲子園の星の今とネットの意見!!

  3. ロマチェンコ最強説!ゴロフキン評価を上回る圧勝劇!

  4. 【速報・動画あり】メジャー史上最速右腕誕生-ジョーダン・ヒックス(10…

  5. ひな祭りの飾りはいつまで飾る?おしゃれな手作りとともに紹介!

  6. 若者の海外旅行離れの理由はこれだった!?反応まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP