未分類

藤崎彩織ふたごは文藝の話題作りなのか?真の評価を検証してわかったこと

SEKAI NO OWARIのピアノの藤崎彩織さんが既に10万部ベストセラーになっている「ふたご」が
直木賞候補に選ばれた。
ファンや若者からしたら「嬉しい」という声はあるものの、直木賞を重く見ている人からすると気に入らなく
ヤフコメでは「残念」「売れるからな」「直木賞堕ちた」と批判が殺到している。

直木賞は文藝春秋作品が入賞しやすいとか、結局は部数を伸ばすためのものだなどといった批判が出ているが
本当に藤崎彩織さんの『ふたご』は直木賞候補に値しないものなのだろうか?
そのへんをまとめてみました。

藤崎彩織ふたごは文藝の話題作りなのか?

藤崎彩織さんの『ふたご』は、まさにセカオワの創設の話で、2部構成になっている。
そして、藤崎さんの処女作ということで、5年以上構想を練ったとされているが
初めてという点において、「なぜそれを直木賞候補に?」「何冊も書き続け洗練されてきている作家はどうなる?」といった
批判が出てきている。

第1部は、月島との出会いから、バンド結成直前までの流れ
第2部は、バンド結成しその活動

まさにまるで自伝のようで、どこまでがノンフィクションかわかりませんが
正直、上記だけのあらすじを観ると「ファン向け」であるような感じがしなくもないものであります。

ただ、物語の流れは興味深く、自分らが知っているセカオワがこういう流れで栄光を手にしていったのか、というのが身近にリアルに感じる比喩表現が逸材で面白いと思うが、
文学としてどうか?ということが人によって評価が異なる。

1部の評価は全体的に高く、非常に客観的で、普通は自伝だとかなり感情移入してしまうところですが
かなり客観視されているところに、逆に凄さを感じるものとなっている。

しかし、2部の評価は割と低い。
ありきたりのパターンで予想出来る展開だからだ。
最後も予定調和で「良かった」で終わりになってしまう感じだ。

ネットでの実際の評価を見てみよう。

ふたごの感想まとめ

アマゾンレビューの評点は、4.3点。

 

かなりいい評価となっているが、世間の反応はかなり両極端である。見ていこう。

ネガティブな反応

直木賞はまだ実力主義だっただけに、今回の件は非常に残念。
書き下ろしの処女作が候補ってあり得ない
日本文学振興会は実質的に文藝春秋が仕切ってるから有利なんやろ
プロが選んでるところを見せつけて欲しい。
これじゃ人気取りと何ら変わりがない
芸能人を候補に入れて話題性を作ってる?
又吉の時より批判が多いな
又吉の成功に味をしめて、二匹目のドジョウを狙っているだけでは?と思ってしまう
才能があるとしても、デビュー作を候補にするのはどうかと
直木賞は芥川賞と違い、ベテランが鎬を削る場所でしょ?
芥川賞は将来有望な新人に、直木賞は着実に実績を重ねてきた中堅どころにってイメージですからものすごく違和感

出典:ヤフコメ https://goo.gl/jWLnz1

ポジティブな感想

才能がある。前半のリアル感は最高だった。しかし、後半は迷いのあるような書き方だった
期待せずタレント本かと思って読んだら一気に自分の偏見を恥じた
比喩表現がうまく、その場にいるような臨場感があり、感情移入してしまった
描写が鮮明で、軽快なテンポで綴られて読みやすい
セカオワを知らない50代だが、これは作品として見事だ。胸が熱くなった
表現がとても美しく泣けた
マイノリティーとして学校生活をすごしている人にこそ読んで欲しい一冊
アーティストが片手間で書いた本ではなく未来のある新人作家のデビュー作。芥川賞・直木賞に推したいくらいの作品
比喩が上手く夢中で読ませる何かがあった

出典:amazonレビュー

まとめ

いかがでしょうか?
読んだ人は多くが絶賛しているものでした。

読んでない人の批判も多いのですがまとめると次のような葛藤があるのが分かります。

・中堅の洗練された作家がとるはずの直木賞に新人がいることが許せない層
・実際読んで、アーティストが片手間で書いたものではなく、素晴らしい才能を感じた層

才能があるのは確かなことでしょう。
そこに、ビジネス的な思惑が入っているのかどうか?というところで引っかかっている人が多いようです。

やはりそれは読んで確かめ、自分がどう感じるか?でしょう。

個人的には今回は賞をとらず、もっともっと作品を書いてほしい気持ちです。

 

関連記事

  1. 松坂大輔オープン戦2018から今季復活の可能性は?反応まとめ「5勝くら…

  2. iPhone ポートレート機能が出来ない?確認したい3つのこと!

  3. ががばばでウシロウシロって本当に後ろを見た?仕掛けがあるよ!

  4. 世界で最も美しい顔100人の画像トップ10+αを貼ってみた

  5. 551蓬莱豚まんが臭いテロと炎上!?「香害とかも神経質すぎ」「禁止はや…

  6. 新田真剣佑の弟、新田郷敦がデビュー間近!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP