総合格闘技

アンカハスが強い!ボクシングスーパーフライ級井上尚弥と比べた評価

井上尚弥と対戦するかもしれないIBF世界スーパーフライ級王者アンカハスが、実際動画を見るととても強いです。
スーパーフライ級統一戦はもしかしたら2月24日に実現する可能性もある報道がされています。

今回はそのアンカハスの強さについてまとめていきたいと思います!

アンカハスが強い!

アンカハスは現(2017/11)IBF世界スーパーフライ級王者で、すでに2回の防衛を成功させています。
2016年9月3日にIBF世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨと対戦し、判定の末王座獲得。
2017年1月29日の初防衛戦では元WBA世界ライトフライ級暫定王者のホセ・アルフレド・ロドリゲスと対戦し、7回終了時相手棄権で初防衛成功。
そして2017年7月2日にはIBF世界スーパーフライ級3位の帝里木下と対戦し、7回TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功。
アンカハスは長いリーチを活かした強力なパンチと固いガードによって圧倒的な強さを見せています。
見た目のガタイもいいですよね。

Embed from Getty Images

アンカハスのプロフ

通称:Pretty Boy(プリティ・ボーイ)
年齢: 1992-01-01 の25歳
出身:フィリピン
デビュー:2009-07-27
利き手:左
身長: 168cm
リーチ: 169cm

アンカハスの戦績

アンカハスの戦績は、現在27勝1敗1分けで、18KOのKO率62%となっています。総ラウンド数は155回。
アンカハスがIBF世界スーパーフライ級王座を獲得した時に対戦したアローヨは、対戦当時17勝無敗の強さを誇る相手でした。

アローヨの負傷による延期などもあった末の対戦でしたが、判定にまでもつれ込み、アンカハスが勝利。アンカハスがアローヨを完璧に圧倒していたあの試合は衝撃でした。
初防衛に失敗したアローヨはこの後、IBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦でも敗れ、IBF世界スーパーフライ級ランキングからも除外されてしまっています。

唯一敗戦している相手は..5年前の2012年3月17日に対戦している
マーク・アンソニー・ヘラルドです。

5年前なので、今と実力が違う20歳の時の話なので、もしかしたらあまり参考にならないかもしれません。
ヘラルドは、井上拓真選手にも勝利した選手で、かなりのベテランでした。
当時は10R判定負けとなりすが
アンカハス選手は、あれからかなり腕を上げてきましたので、参考にならないかもしれません。

全成績は英語で以下に載っています。
参考:http://boxrec.com/en/boxer/506289

個人特集は以下の動画でされています。英語ですが字幕をいじれば日本語で見れるかも。

アンカハスも奥さんと子供を抱える父親なのですね。
生活が懸かっているだけに、背負うものは大きいかもしれません。

アンカハスのリングTVの評価は意外と微妙

アンカハスはかなり高い評価をされていて、スーパーフライ級の中でも上位にランクインするほどです。
以下の評価サイトでは、クアドラス、エストラーダ、ヤファイに次いで6位となっています。

参考:https://www.ringtv.com/ratings/?weightclass=286

WBOの井上尚弥、WBAのヤファイ、WBCのシーサケット、そしてIBFのアンカハス。4人の王者による統一戦は実現するのでしょうか?
それが実現するのならば、2月24日の米国で行われるsuperflyもかなり楽しみですよね。

ネットの反応・評価

アンカハスはパンチもあるしガードも高い
総合的に優れている
ハンドスピード、カウンター、ポジショニングの速さ。攻略がそうとう難しい選手
ここ数年見違える攻撃力とカウンターを身に付けた
ディフェンスが良いしパンチもある
スーパーフライ級で断トツの実力者
どんな距離感でも勝負できる選手
瞬発力に優れ、多彩なパンチを放ってくる
とにかく力強い
まだまだ伸びしろのある選手

出典:yahoo知恵袋

当サイトの見解

アンカハスは最近どんどん伸びてきていて、今スーパーフライ級で最も勢いのある選手の1人でしょう。
井上尚弥よりも強いという声も一部あり、スーパーフライ級で最も危険な選手であると言われています。
そんなアカンハスを交えての統一戦、実現すればとんでもなく魅力的な試合になりそうです。

個人的には、PFPランキングなどを出しているリングTVの評価で
クアドラスやエストラーダよりもランクが下なのが気になりました。

PFP1位だったロマゴンが陥落して、多少信用度が下がった感がありますが
永く精通している専門家みたいな雑誌ですから
彼らが分析した結果クアドラスより下、ということですので
本当にそうだとしたら、井上選手の方が圧倒的に強いと言えますが
最近のアンカハスは侮れないので、やはり気を付けたい、というところでありあす。

動画を見た感じですと、やはり「強い」という印象です。
「体幹がしっかりしている」
「カウンターがうまい」
「安定感がある」
という印象があり、
打たれ強いので、判定にもつれ込む可能性も高いですね。

この選手を相手に、井上尚弥選手がどこまでやるのか是非見たいと思ってしまいました。

アンカハスの強さを動画で見る

アローヨとのフル動画が以下です。

まとめ

このアンカハス選手が、11月18日に同級5位のジェイミー・コンランと対戦します。

コンランは、スーパーフライ級で、1番強いのが井上尚弥、2番目がアンカハスと発言した選手です。

11月18日のアンカハス戦は、彼の「現在」の強さをはかるのに非常に分かりやすい試合となるでしょう。

今のところいつもやるWOWOWでの放送が発表されていませんね。

■関連記事

>>井上尚弥の海外の反応最新がヤバイコメ数「日本のGGG」「フックが逸材」

>>村田諒太とゴロフキンもし戦ったら?「スパーリングやったことも」「GGGにはまだまだ」

関連記事

  1. 東洋大学駅伝メンバー山本兄弟のすごさとは?

  2. 阿武松部屋の力士一覧と理事選挙で有利な理由は?

  3. 平野歩夢の国母和宏コーチとは?すごい人だった?

  4. ATM現金大国日本とスマホ決済中国の大きなギャップ!なぜ?

  5. 神奈川大学駅伝メンバー鈴木健吾の潜在能力がヤバイ!n

  6. 【2018年FA一覧あり】FA権の取得条件をもう一度おさらい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

人気記事!

PAGE TOP